プカリ隊の管理人と東区野池・水路巡り

プカリ隊の管理人さんからお誘いがあり、東区の野池・水路を案内して頂きました!
某釣具店から聞き出した今好調の超減水野池があるとのこと。
前回の釣行ではスモラバVSテキサスで、スモラバが圧勝したそうだw
50UPもいるそうなので気合を入れて向かった。

2013年10月26日

この日は季節外れの台風が通り過ぎた後で前日は大雨。天気が回復したので、プカリ隊管理人さんと待ち合わせしてお目当ての野池に行ってみると、予想以上の激濁り&増水でカフェオレのような色になっていた。

減水していたときは池の周りを歩けたそうだが増水した今は足場もあまりなく、とりあえず出来そうな場所で投げてみることに。色々やってみるがノーバイト・ノーフィッシュ、さすがに状況が悪すぎだった…

それから野池を転々とするが雨の影響で状況が悪くなっていたのか撃沈w
そして有力候補、岸道3に出た里山野池!!

野池

ここは改修工事で水抜きをすると聞いていた。
岸道3の映像と見比べてみたら、確かに畑の半分が整備されていることが伺える。

ネコリグで足元やウイード周りに落としていくと時々コバスの当たり。
奥の整備された階段の右に水中からアシが生えており、そこにインレットからの流れが絡んでいる場所があった。

ネコリグをアシの横に投げて水面をチョンチョンしながら巻いていると激しく出た!!
しかし足元で痛恨のバラシ…目測45cmぐらい。
アシ際を何回か通してから出たので我慢しきれず出たパターンかなw

ちなみにプカリ隊管理人さんはクランクを沖に投げて1匹釣っていた!

場所を反対側に移動し、足元のインレットで30cmぐらいのバス。

ブラックバス

その後、水路も2箇所案内いただいたが大雨後の水路は厳しかった。
また落ち着いたら行ってみよう!

さらに移動して実績のある野池に到着、小規模で浅めの皿池だ。
黙々と投げて行くけど反応がない。
何かの魚が跳ねたり足元に波紋があったりと生命感はあるのだが…

野池

プカリ隊管理人さんは午後過ぎまでとのことだったのでここでお別れ。
色々な野池&水路を案内いただきありがとうございました!また是非行きましょう♪

その後、ちょっと粘ってブリッツでブリブリ巻いているとコバスをゲット!
こう言う皿池はこれから冬になると期待できそうだ!

ブラックバス

この日はどの場所もあまり状況が良い方ではなかったようだ。
季節外れの台風の影響で冷たい雨が降り、急激な水温低下が原因かも。

2013年11月2日

一週間後に岸道3の里山野池にリベンジに出発!!
プカリ隊管理人さんとの釣行のとき40UPをバラシして悔しい思いをしたので再度訪れてみた。

岸道3が2004年夏に撮影されており、それから現在まで9年近く経っている。
当時のバスが生きていれば60UPに成長しているのではないだろうかと妄想w

まずはネコリグでコバス。

ブラックバス

前回に40UPが出たアシ際ではノーバイトでした…

それから、護岸横の草が被い茂っている足元をオカエビ3.5インチの直リグで丁寧に落としていくと…
カバーから凄い勢いで出てきてパクリ!

ブラックバス

ブラックバス

ブラックバス

49cm

野池でこのサイズは嬉しいものだ!

直リグのオモリが無くなっている…
ゴブリンバット結構高いんだけどな(汗)

直リグ

そして同じく足元で35cmのバス!!

ブラックバス

プカリ隊管理人さんに最初に案内頂いた野池に行ってみると減水していた!!
駐車スペース付近に工事中の看板とパワーショベル…
どうやら改修工事を行うらしく、水を抜いていたのかな(汗)
とりあえずTN60を遠投してコバスをゲット!

ブラックバス

5時には薄暗くなり、日に日に日暮れが早くなっていると実感。
この日の釣行を終了としました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 8月4日 釣行 灼熱野池でフローター!ウナテキとチャターで連発!
  2. 7月28・29日 釣行 台風パワー炸裂!ウナテキで50アップ!
  3. フローターテーブルのメジャーをリューギデッキメジャーステッカーIIに張替えました!
  4. 初夏の高知遠征2018
  5. バンタム「160M」購入&インプレ!
  6. 6月の単発釣果をまとめてみました!
  7. 7月1日 釣行 スマイルカップ2018第2戦に参戦しました!
  8. 6月16・17日 釣行 初夏は野池開拓が熱い!初場所で40アップ複数!
  9. 6月2・3日 釣行 ボウワーム8インチの「ウナテキ」がハマりまくり!
  10. 5月26・27日 釣行 ボウワーム8インチのライトテキサスリグが炸裂!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu