シマノ新製品「バンタム」2016年再始動!

シマノの伝統ブランド「バンタム」が2016年に復活します!
最初のラインナップはロッド14機種・ルアー6アイテムとなっていて、伊豫部健さん、奥田学さん、山木一人さんの3人の監督によって新たなスタートを切ることになります。

僕がバス釣りを始めた頃はバンタムより少し後で、スコーピオンやレサトの世代でした。
当時はダイワを使用したため、バンタムという名は雑誌で読んだくらいで、具体的なことはあまり分かりません…

シマノ初のバスタックルブランド「バンタム」が2016年に復活してプロジェクトを開始されるそうです!

バンタム ルアー

バンタムのルアーで追加されるのは全部で6アイテム。
クランクやポッパーなど、バス釣りの基本となるルアーが揃っていて、製作者の個性が出ているデザインとなっています。

バンタム ルアー

品名 全長 重さ カラー 価格(税抜)
トリプルインパクト107 107mm 19g 全10色 2,200円
チャグウォーカー 62mm 8g 全10色 1,700円
リップフラッシュ 115mm 14g 全10色 1,800円
ラトリンサバイブ 62mm 14g 全10色 1,330円
ラウドノッカー 110mm 20g 全10色 1,850円
マクベス 63mm 16g 全10色 1,650円

発売日:4月下旬発売予定

この中でも個人的に気になるのがトリプルインパクト!
初代トリプルインパクトの面影を残しつつ、上手くリメークされています。

当時は大ヒットルアーでDVD付きでトリプルインパクトが売られていていたのを覚えており、初代トリプルインパクトは1つ所有していて今でも大切に保管しています。

バンタム ロッド

バンタムのロッドで追加されるのはベイトが9機種、スピニングが5機種となっています。
フィネス・巻物・ジグ&テキサス・ビッグベイトなど、バンタムロッドさえあれば全てできてしまう程のラインナップとなっています。

ベイトモデル

品番 全長(m) 継数 自重(g) 適合ルアー(g) 適合ライン(lb) 本体価格
164ML-G 1.93 1 125 5~21 8~16 44,000円
165L-BFS 1.96 1 107 3.5~10 6~12 43,000円
168M 2.03 1 130 7~21 8~16 44,000円
168MH 2.03 1 130 10~30 10~20 45,000円
170M-G 2.13 2 150 7~28 10~20 46,000円
170H 2.13 2 135 12~42 12~25 46,000円
172MH 2.18 2 137 10~30 10~20 46,000円
173MH-SB 2.21 2 145 12~56 10~20 47,000円
1711H-SB 2.41 2 167 14~100 12~25 49,000円

スピニングモデル

品番 全長(m) 継数 自重(g) 適合ルアー(g) 適合ライン(lb) 本体価格
264UL+ 1.93 1 95 2~7 2.5~5 43,000円
265L 1.96 1 97 3~10 3~6 44,000円
267ML 2.01 1 97 4~12 4~8 45,000円
2610ML 2.08 1 105 4~12 4~8 46,000円
BANTAM 274M 2.24 2 105 5~18 4~10 49,000円

発売日:4月発売予定(264UL+は6月発売予定)

ワールドシャウラに並ぶフラッグシップなのか、それとも下位モデルのエクスプライドに近いモデルなのかは不明です。

ブランクスにハイパワーX、スパイラルX、リールシートにはCI4+が使われているので、ワールドシャウラとエクスプライドの間に位置するロッドではないかと予想しています。

via:シマノ|Bantam特設サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 5月19・20日 釣行 噂の新規野池を開拓!
  2. 5月13日 釣行 雨の日のフローター!ドライブビーバーが絶好調!
  3. GW2018 高知・愛媛遠征
  4. 4月21・22日 釣行 ハートテールの季節到来!まさかの55アップ!
  5. 4月14・15日 釣行 ボウワーム8インチ高浮力のウナギリグで良型!
  6. 4月8日 釣行 スマイルカップ2018第1戦に参戦しました!
  7. ドライブビーバー4インチでプリスポーンバスが春爆!
  8. 高知のポテンシャル!3kg越えのモンスター出現!
  9. 3月17・18日 釣行 プチ春爆!フローターシーズン到来!
  10. 18バンタムMGL HGを購入!開封の儀!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu