フットボールジグ「スコーンリグ」の使い方

フットボールジグは根がかりの少ないディープを広範囲に探れる「ディープ攻略の万能ジグ」である。琵琶湖でもよく使われていて、野池・リザーバーなど様々なフィールドで驚異的なビッグバス捕獲率を誇ります。
今回はフットボールジグについて図解を用いてお話したいと思います。

フットボールジグの使い方

フットボールジグの使い方は基本的に2パターンあります。ボトムをピョンピョンと跳ねるように動かす「ボトムバンピング」と、中層~ボトムの「スイミング」で巻き物としても使用できます。

スイミング

フットボールジグ スイミング

スピナーベイトを巻くときのように投げてただ巻くだけという単純なもので、水深がある場所または冬~春の季節では、キャストして着水後フットボールジグを底まで沈ませて巻くのも効果的。

目につくストラクチャーがないオープンエリアで広範囲を探ったりする時に使ったりします。また、底に石・ウィードなど何か沈んでいるところがねらい目となります。

リトリーブスピードはスローリトリーブかミディアムリトリーブ、状況を見ながらボトムバンピングしたらいいのか、底をスローに巻いたほうが良いのか、フィールドによって色々試してみるのがいいかもしれません。

ボトムバンピング

フットボールジグ ボトムバンピング

少ない移動距離で底の地形を探りながらスローな釣りが可能です。

バスが食うタイミングはフォール中のときが多いので、軽く竿を立てて誘ってバスに見せてあげて、止めてフォールしてるときに食うチャンスを与えるようなイメージなので、リフト&フォールのような使い方です。ヘッドが重いほど感度が高く、ちょっとしたボトムの変化を捕えやすくなります。

おかっぱりでは広く探ることが多いのでスイミングで使うことが多く、逆にフローターではポイント毎にじっくり攻めたりするので、テキサスのように使ったり、障害物が無かったら巻いてみたりと、状況に合わせてアレンジできます。

フットボールジグはカバー撃ちも可能ですが、ガードが無いまたはガードが弱いジグが多く、ヘッドのオモリの形状が丸いので根がかりしやすくカバーに不向きです。カバーが濃い場合は潔くラバージグかテキサスを投入したほうがよいでしょう。

また、タックルはMH~Hクラスのジグ用ロッドで、テキサスリグに使うタックルセッティングとほぼ同じと思って良いと思います。

フットボールジグが使える季節

フットボールジグは季節問わず使えますが、冬~春の低水温時期によく釣れる傾向があります。特に春先などはスイミングで良く釣れたり、野池・リザーバー問わず様々なフィールドで活躍します。

フットボールジグ

夏になるとバスは完全にカバーに付くようになり、カバー主体の釣りがメインとなるので、フットボールジグの出番は少なくなります。

重さもジグによって様々ですが、基本は3/8ozをメインに使って、リザーバーでは1/2ozを使うことが多く、より深い所を巻きたい場合や飛距離を出したいときにも1/2ozを使ったりします。

トレーラーの選び方

スイミングで使う場合は、トレーラーは必ずシャッドテール系のワームを使います。
僕がいつも使っているトレーラーはスピンドルワームの4インチ、チャターでもよくこれを使っていて、丈夫でズレにくいのとサイズが太すぎず細すぎずちょうど良いので、フットボールジグのトレーラーはスピンドルと決めています。

スピンドル

スイミング中にテールが水を受けることでジグ本体も震えるような動作になり、シャッドテール系のワームを使うことでよりアピール力が増すので効果的!

ボトムバンピングで使う場合は、シャッドテール系、クロー系、どちらでも構いません。何か沈んでる場所でボトムバンピングし続けるならクロー系やポーク。ボトムバンピングとスイミングを切り替える場合があるなら、シャッドテール系の方が柔軟性があります。

他にフットボールジグに最適なトレーラーは、アンモナイトシャッド、ワンナップシャッド、ドライブシャッドなど色々ありますが、ジグの重さや使い方に合うワームを選ぶとよいと思います。

おすすめのフットボールジグ

「FINA シューティングボール」「クオン エッグボールジグ」「ザップ PD.チョッパー」この3つを主に使っています。

 

 

フットボールジグまとめ

唯一の弱点は根がかりのしやすさなので、根がかりの少ないディープを広範囲に攻める場合にちょうどいいルアーではないだろうか。

フットボールジグで釣れた近年の釣果をご紹介します。

2015年 春のリザーバー

ブラックバス

おかっぱりで仕留めた53cmのビッグバス。中層をスイミングをして足元まで巻いてきたとき後ろから黒い影!巻くのをやめてフットボールジグを着底させた瞬間に食いました。

2015年 秋の野池

ブラックバス

小規模野池でフローターで浮いたとき仕留めた55cmのビッグバス。池の最深部のブレイクに沈め、底をズル引きしていると釣れました。

2016年 早春の野池

ブラックバス

最近おかっぱりで仕留めた53cmのビッグバス。水深のある場所にフットボールジグを沈め、底を取りながら手前のカバーに向けてボトムバンピングしていると釣れました。

過去の釣果を振り返ってみると、フットボールジグは50アップ率が非常に高いことが分かる。

個人的な考えで、スピナーベイト、ラバージグ、チャターなど、ラバースカート系のルアーはデカバスが最も釣れるルアーと思っているので、フットボールジグもそれに相当するものがあるような気がします。

フットボールジグは根がかりしやすいことから敬遠されがちですが、パターンや釣り場の状況にマッチすれば、ビッグバス捕獲率はかなりのものなので是非導入してみてください。

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • バルコマン より:

    フットボールいいですよね(*≧∀≦*)
    でもウチは軽くて1/2oz
    メインは5/8か3/4ozでスイミングでは使ったことがなく、基本ボトムをズル引きです(;^_^A

    スイミングはレンジコントロールが下手なので出来ないだけなんですけどね(;^_^A

    あとストラクチャーに根掛かり上等で入れますけど、フローターだと、まぁまぁ帰って来ますよo(^o^)o

    でもNESSくんみたいに理論派ではなく、直感だけで使ってるだけなんですけどね(;^_^A

    フットボールとかラバージグで魚をかけたら気持ちいいですよね(*≧∀≦*)

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      5/8か3/4ozは結構重めのジグを使うんですね!
      確かにフローターだと強気で撃っていけますね!
      僕はスイミングで使うことが多いので、軽いジグで巻いたりボトムまで沈めたり、割とスローに使う事が多いです。
      直感で使うと意外と釣れちゃったりする時もあったり、テキサスよりも気持ちいいですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. シマノ新技術「スパイラルXコア」とは?バンタム170UH-SBにも採用!
  2. 12月10日 釣行 水温一桁突入!おかっぱりで40アップ!
  3. ポイズンアルティマ「163MH」購入&インプレ!
  4. 12月3日 釣行 スマイルカップ2017最終戦に参戦しました!
  5. TRIBE第3回フォトトーナメントで3位になりました!
  6. 晩秋の高知・愛媛遠征2017
  7. シマノ新製品「18カルカッタコンクエスト300/301/400/401」
  8. 11月18・19日 釣行 爆風の中フットボールジグで50アップ!
  9. 11月11・12日 釣行 立冬の野池でメタルバイブが炸裂&ドライブビーバーでも40アップ!
  10. 11月3日 釣行 秋から冬への変わり目はコバスパラダイス!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu