ゼファーボート新技術「タフボディ」ゴムボート・フローターの常識が変わる!

ゼファーボートのPVC製インフレータブルボート設計コンセプト2016が発表されていました。

今までは、生地を接着剤で接着し浮力体を成型することが一般的でしたが、ゼファーボートの次期モデルからは「タフボディ」という熱溶接による接着に全て変わるそうです。

ゴムボートとフローターで最も多いトラブルが、生地を接着剤で接着していた部分が劣化や熱によって剥がれてパンクしてしまうという致命的なトラブルです。過去に使っていたジョイクラフトのゴムボートも接着面が剥がれ、付属の接着剤で修理しながら乗っていましたので、湖面でそれが起こってしまうと、と考えるとゾッとします…

今使っているフローターZF-145Hは3年目で接着面はまだまだ大丈夫なようですが、部分的に若干ずれてきてる箇所があるので少し不安はあります。

フローター

浮いてる時の沈み物の突き刺さりやエントリー時には今まで通り注意を払う必要はありますが、タフボディの熱溶接になったことで、接着力の劣化によるパンクの心配から解放され、より安心安全なフローターライフが送れそうです!

フローターの見た目は従来モデルと大きな違いはありませんが、価格が消費税増税とタフボディに変わったことで過去モデルより8,000円~10,000円程度値上げしています。

僕が2013年に購入したフローターZF-145Hは52,800円(税込)でしたので、最新モデルは実売価格62,010円(税込)となっており、比べてみるとかなり割高になっていますね。

フィッシングショー大阪2016 ゼファーボート

しかし、熱溶接による接着はゴムボートとフローターの弱点を克服した革命的なことで、これまで以上に丈夫で長く使える設計になっています。検討している方は価格さえクリアできれば、ゼファーボートのゴムボート・フローターを安心して選べるのではないだろうか。

via:ゼファーボート

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • バルコマン より:

    いいですねぇ(*≧∀≦*)
    でも高くなったのは痛いなぁ(>o<")

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      かなり値上がりしましたね…
      フローターもどんどん進化してユーザーとしては嬉しい限りです(^^)
      ゼファーボートのフローターはなかなか高価なので長く使っていきたいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 19アンタレスついに解禁!マグナムライトスプールⅢの実力とは?
  2. シマノ新製品「19ヴァンキッシュ」
  3. シマノ新製品「19スコーピオンMGL」「19SLX MGL」
  4. オカムラのオフィスチェア「ビラージュVCM1」を購入!
  5. 2019年シマノが発売すると噂されている新製品
  6. 12月8・9日 釣行 おかっぱりでもフローターでも冬はメタルバイブ!
  7. シマノ新製品「19カルカッタコンクエストDC」
  8. 12月1・2日 釣行 冬のシャロー狙い!チャターでグッドサイズ!
  9. 11月25日 釣行 スマイルカップ2018最終戦に参戦しました!
  10. 11月16・17日 釣行 秋の野池は枯れた菱藻が狙い目!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu