釣ったバスの重さを計測、デジタルスケールを購入しました!

近年バス釣りでサイズと共にウェイトを量る方を多く見かけるようになりました。
今までアナログスケールを使用していましたが、デジタル表示のほうが分かりやすく写真撮影にも適しているため、デジタルスケールを購入してみましたのでご紹介します!

まずはネットで検索し色々と物色、しかしなかなかいい製品が見つからず…。旅行用のデジタルスケールも探してみましたがホールド機能が無いものが多く、ホールド機能があって高価なので、どの製品にしようかとても悩みました。

本当は防水機能があってコンパクトで軽いものが欲しかったんですが、防水機能の製品はほとんど無いので、安価で定番的なものに決めました。ついでに「かけはり」という器具も一緒に購入、これがあるとバスの口に挟むだけなので計量しやすくなります。

試しにiPhone6を量ってみると125gと表示されます。何度か量ると多少の誤差はあるものの、iPhone6は129gなので目安としては概ね合っていました。

デジタルスケール

商品サイズ 約72×163×26mm
重量 約115g
単位 kg(キロ)/lb(ポンド)/JIN(ジン)/oz(オンス)
測定範囲 10g~40kg(10g単位で計量)
電源 単4電池2本
ディスプレイ LCD
その他 自動電源OFF(120秒)

Amazonで980円で購入。実際持ってみると軽いけど思ったより大きいので、バッグが少しかさばるかもしれませんが実用的な大きさです。また造りも安っぽくチープな感じがしますが、コストパフォーマンスが良くしっかり計測できるので釣りに使う分にはちょうどいいでしょう。

デジタルスケール使うときは50アップ以上、または40cm後半でよっぽど太ったバスが釣れたときに計測しようと思うので、これからどんどん活用していこうと思います!

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • バルコマン より:

    おっ‼
    買いましたね(*≧∀≦*)

    これでえげつないデカいのが釣れてもウェイトが計れますね

    かけはりも魚に出来るだけダメージを与えないと思うのでいいですよね

    先ずは2kg超えから始まって野池の4kg超えを釣りましょう(⌒∇⌒)ノ””

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      バルさんと同じものを早速買ってみました!
      かけはりがあるとダメージを減らせますね、買ったかけはりは小さかったのでボックスの中でも邪魔にならないし、はさむ部分も柔らかい滑り止め的なものが付いていたので、使いやすかったです(^^)
      これで4kg超えを目指してどんどん計っていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 19アンタレスついに解禁!マグナムライトスプールⅢの実力とは?
  2. シマノ新製品「19ヴァンキッシュ」
  3. シマノ新製品「19スコーピオンMGL」「19SLX MGL」
  4. オカムラのオフィスチェア「ビラージュVCM1」を購入!
  5. 2019年シマノが発売すると噂されている新製品
  6. 12月8・9日 釣行 おかっぱりでもフローターでも冬はメタルバイブ!
  7. シマノ新製品「19カルカッタコンクエストDC」
  8. 12月1・2日 釣行 冬のシャロー狙い!チャターでグッドサイズ!
  9. 11月25日 釣行 スマイルカップ2018最終戦に参戦しました!
  10. 11月16・17日 釣行 秋の野池は枯れた菱藻が狙い目!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu