フローターテーブルのメジャーをラミネート加工!

フローターテーブルのメジャーをラミネート加工してみました!
メジャーの印字が擦れてきたため、ラミネートを使って表面を補強することにしました。
実践してみると上手くいったので、やり方を簡単にご紹介したいと思います。

このメジャーは塗装が弱いようで印字されている部分が段々と白くなってきています。いずれ目盛りも見えなくなってしまいそうなので、新しいものに張り替えることにしました。

フィッシングメジャー

このメジャーは文字が大きくて見やすく気に入っていたので、今から別のメーカーのメジャーにするのは少し抵抗があり、色々考えた結果ラミネート加工というのをメジャーに施すことにしました。

ラミネート加工とは、印刷された物をフィルムで両面を挟み込んで水や汚れから守ることができる加工です。よく飲食店などのメニュー表で使われています。これは自宅でも簡単にできるので、メジャーに応用することで、フローターテーブルの上でもメジャーをいつまでもきれいな状態で使用することができるようになります!

用意するもの

ラミネートフィルム

1. ラミネートフィルム
2. 両面テープ
3. フィッシングメジャー
4. アイロン・アイロン台
5. 薄紙

ラミネートフィルムは量販店に行くとたくさん種類がありますが、メジャーをラミネートする程度なら100均のもので十分です!

また、ラミネーターという専用の機械は持っていないので今回はアイロンで代用します。薄紙はアイロンをラミネートフィルムに直接当てると熱が強すぎて溶けてしまうので、アイロンとフィルムの間に薄紙を挟んでアイロンをかけます。

ラミネート加工の手順

メジャーから余分な部品を切り放します。

フィッシングメジャー

アイロン台の上でメジャーをラミネートフィルムで挟んで、薄紙の上からアイロンをかけます。

フィッシングメジャー

1枚目が終わったら、2枚目を1枚目に1cmほど重ねるようにして更にアイロンをかけます。

フィッシングメジャー

3枚目も同じようにすると、メジャーが完全にフィルムの中に収まりました。

フィッシングメジャー

余分な部分をカッターとハサミを使って切り取ります。

フィッシングメジャー

裏面に両面テープを貼ります。

フィッシングメジャー

フローターテーブルに貼り付けて完成です。

フィッシングメジャー

メジャーが完全に密封されて中には水が入らず傷にも強いので、いつまでもきれいな状態で使えます!

もし、ラミネートフィルムの表面が傷だらけになったとしても、フィルムを剥がして中のメジャーだけを取り出し、またラミネート加工すれば、中のメジャーはずっと使い続けることができます。

フローターテーブルだけでなく、メジャートレイの自作など色々使えると思うので、興味のある方は参考にしてみてください!

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • バルコマン より:

    何でも器用にやりますねぇ(*≧∀≦*)
    ウチはリューギのシールメジャーにしてますが、薄くならないし接着も強いですよ
    でも、ちょっと高いかも…(;^_^A

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      リューギのシールメジャーも考えたんですが確かに高いですね(^^;
      最終手段としてラミネート加工を試したら上手くできたので、雨の中でもかなり良かったです!
      これで張り替えることなく長く使い続けることができそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 8月18・19日 釣行 ウナテキ&ポンパドールが絶好調!
  2. 夏の高知・愛媛遠征2018
  3. 8月4日 釣行 灼熱野池でフローター!ウナテキとチャターで連発!
  4. 7月28・29日 釣行 台風パワー炸裂!ウナテキで50アップ!
  5. フローターテーブルのメジャーをリューギデッキメジャーステッカーIIに張替えました!
  6. 初夏の高知遠征2018
  7. バンタム「160M」購入&インプレ!
  8. 6月の単発釣果をまとめてみました!
  9. 7月1日 釣行 スマイルカップ2018第2戦に参戦しました!
  10. 6月16・17日 釣行 初夏は野池開拓が熱い!初場所で40アップ複数!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu