シャッドテールワームのウエイトチューン

シャッドテールワームのノーシンカーリグにウエイトチューンをしてみました。
ノーシンカーリグを使っていると、もう少し沈ませたい、遠投したい、ワームが回って安定して泳がないなど、釣り場の状況によってノーシンカーリグが使いにくいときがあります。

そこで、ワイヤーシンカーをフックに巻いてウエイトを調整することで、使い方次第で水面直下から中層を攻略することができるようになり、釣り場の状況に合せたセッティングが可能となります。

今回は、ゲーリーハートテール、ツイストロック11、ワームキーパー、ワイヤーシンカーの4つを組み合わせでウエイトチューンの方法を紹介したいと思います。

ハートテール ワイヤーシンカー

FishArrowから出ているワイヤーシンカー(通称:糸ナマリ)をオフセットフックに巻きつけます。

ワイヤーシンカー

12cmぐらいの長さにカットします。12cmの長さで約1gの重さとなります。

ツイストロック11 ワイヤーシンカー

ワイヤーシンカーを巻きつけた後にフックにワームキーパーを通して真ん中ぐらいの位置で固定します。

ツイストロック11 ワイヤーシンカー

最後にハートテールを取り付けて完成です。

ハートテール ワイヤーシンカー

ツイストロックのフックはねじ込むだけなので、ワイヤーシンカーを巻いた状態でも付けやすくとても便利です。通常のオフセットフックであれば、フックのアイの部分から刺してワームの頭を固定するようになるので少しコツがいります。今回はハートテールを使いましたがシャッドテール系のワームならどのワームでも応用が利くと思います。

豆知識として、ワイヤーシンカーの位置が前側にくるようにワームキーパーを固定することがおすすめします。ラインに引っ張られて泳ぐノーシンカーリグは、前に比重があるとスイミングでもフォール中でも安定するようになります。また、ワイヤーシンカーの重さが決まり取り外さないことが前提となると、ワームキーパーは使わずにアロンアルフアでワイヤーシンカーを固めてしまっても良いかもしれません。

バックスイッチャー

昔はバックスイッチャーを使っていましたが、自由にウエイトやオモリの位置を調整したいときや、釣り場でさっと取り付ける手返しの良さはワイヤーシンカーでのウエイトチューンが何かと便利で役立ちます。

この前に山間秘境野池に行ったとき、ウエイトチューンを施したハートテールを遠投し釣れたバスです。

ブラックバス

わずか1gのワイヤーシンカーをフックに取り付けただけで、ワームが安定しノーシンカーリグが使いやすくなった気がしました。

スピンドルゲームのような使い方や浅い場所ではワイヤーシンカーは必要ないですが、オープンウォーターで水深がありウイードやヒシモが絡む場所で威力を発揮してくれます。

また、オフセットフックでスイムベイトのように使えるのも一つの魅力で、オーバーハングの下やカバーが絡む場所でも強気で入れていけるので手返しがよく、驚異的な釣果を出してくれるときがあります。

気になった方がいましたら是非試してみてください!

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • バルコマン より:

    あざぁす(⌒∇⌒)ノ””
    参考になります
    巻物は苦手だけど、苦手克服のために頑張ってみますねo(^o^)o

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      是非参考にしてみてくださいね!
      巻物としても使えるしカバーにも強いしフッキングもいいので、今の時期はどんな場所でも役立つと思います!
      でもこればかり使うとパターン化して飽きてくるので、別のルアーも積極的に使っていきます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. シマノ新技術「スパイラルXコア」とは?バンタム170UH-SBにも採用!
  2. 12月10日 釣行 水温一桁突入!おかっぱりで40アップ!
  3. ポイズンアルティマ「163MH」購入&インプレ!
  4. 12月3日 釣行 スマイルカップ2017最終戦に参戦しました!
  5. TRIBE第3回フォトトーナメントで3位になりました!
  6. 晩秋の高知・愛媛遠征2017
  7. シマノ新製品「18カルカッタコンクエスト300/301/400/401」
  8. 11月18・19日 釣行 爆風の中フットボールジグで50アップ!
  9. 11月11・12日 釣行 立冬の野池でメタルバイブが炸裂&ドライブビーバーでも40アップ!
  10. 11月3日 釣行 秋から冬への変わり目はコバスパラダイス!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu