ジャッカル「ポンパドール」羽根が取れやすい時の対処方法

ポンパドールは羽根もの系のルアーとしてはトップクラスの釣果と人気を誇り、誰もが知っているノイジー系ルアーです。
しかし初期のポンパドールは羽根の付け根の接着が甘く、いつの間にか取れてしまうことがあります。今更ですが、初期のポンパドールを使い続ける為に、瞬間接着剤で羽根が取れないように補強してみました。

ポンパドールは、羽根、可動式プロペラ、マグネット重心移動が付いており、アピール力を高める要素が盛りだくさんで、トッパーからすれば反則とまで言われているほど計算され尽くされて製作られたルアーです。

可愛いルックスを備えながら短い移動距離で強いアピール力があり、釣り人はただ巻くだけのオートマチックなトップウォータープラグなので非常に人気が高いです。

ポンパドールが発売されたのは2013年の初夏。使ったことがある方なら知っている方も多いと思いますが、初期のポンパドールは羽根の付け根がはめ込み式なので外れやすく、使っている最中に羽根だけ取れてしまって羽根を無くしてしまったことがありました。クレームが多かったからなのか現在売られているものは全てビズ止めに改良されています。

初期の羽根は取れやすい取れにくいは個体差があると思いますが、僕のポンパドールは取れやすい方だったので単純に瞬間接着剤で補強してみました。

初期のポンパドールはこのようになっています。

ジャッカル ポンパドール

改良後のポンパドールはビズ止めされています。

ジャッカル ポンパドール

アロンアルファを用意します。

ジャッカル ポンパドール

羽根を取り付ける金属のステイ(マウント)をプラスチックの部品によって止める仕組みとなっています。

ジャッカル ポンパドール

羽根を取り付けて、次の赤い矢印のへこみの部分に瞬間接着剤を一滴ずつ染み込ませます。瞬間接着剤を付けすぎるとプラスチックの部品が入りにくくなるので少しで十分です。

ジャッカル ポンパドール

しばらく置いて乾かしてからプラスチックの部品をプライヤーの先などで押し込みます。

ジャッカル ポンパドール

瞬間接着剤が固まる前に押し込むと、プラスチックの部品が途中でくっ付いてしまい奥まで入らなくなるので要注意です。

もし、プラスチックの部品があまりにも抜けやすいようなら、プラスチックの部品の裏面に少し瞬間接着剤を付けて乾く前に一瞬で押し込む方法も有りと思います。瞬間接着剤は隙間に沿って染み込んでいくので、ほんの少し付けるだけで羽根が外れなくなります。

今の時期から非常に活躍するルアーですので、初期のビズ止めされていないポンパドールをお使いの方で、羽根を引っ張ってみて外れやすいようでしたら、一度羽根を外して瞬間接着剤で固定しておいた方がいいかもしません。

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • つぶあん より:

    はじめまして。いつも楽しく見ています。
    自分も初期のポンパドールを持っていて、最近羽根が取れてプラスチックが無くなりました。
    Twitterでジャッカルの加藤さんに問い合わせしてみたら、修理しますよ、と返信がありました。
    ジャッカルに送ると、ネジで固定されていました。参考までにお知らせしておきます。

    • 管理人 より:

      >つぶあんさん
      初めまして、いつも拝見いただきありがとうございます!
      ジャッカルに送ると修理してもらえるんですね!
      情報ありがとうございます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 8月18・19日 釣行 ウナテキ&ポンパドールが絶好調!
  2. 夏の高知・愛媛遠征2018
  3. 8月4日 釣行 灼熱野池でフローター!ウナテキとチャターで連発!
  4. 7月28・29日 釣行 台風パワー炸裂!ウナテキで50アップ!
  5. フローターテーブルのメジャーをリューギデッキメジャーステッカーIIに張替えました!
  6. 初夏の高知遠征2018
  7. バンタム「160M」購入&インプレ!
  8. 6月の単発釣果をまとめてみました!
  9. 7月1日 釣行 スマイルカップ2018第2戦に参戦しました!
  10. 6月16・17日 釣行 初夏は野池開拓が熱い!初場所で40アップ複数!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu