ビフテキリグ(ビーフリーテキサス)の作り方と使い方を解説!

昨年から流行りつつあるビフテキリグ、今更なので聞いたことのある方も多いと思いますが、テキサスリグとジカリグの長所を持ち合わせた高い有用性がある新リグです。先日、ビフテキリグでデカバスが釣れてその使用感を確かめることができたので、使い方や感じた事など詳しく解説したいと思います。

ビフテキリグってどんなリグ?

ビフテキリグとは、ビーフリーテキサス -BE FREE TEXAS- の略で、ビーンズシンカーと呼ばれる特殊な形状のシンカーを用いた対カバー&ボトム専用の新リグです。

ビフテキリグ

本来はロックフィッシュのアコウやアイナメなど根魚を狙う為に考案されたリグで、2015年頃からバスフィッシングでも使われ始め口コミで広まったそうです。最近ではショップでもビーンズシンカーを良く見かけるようになりましたので、一般アングラーでもビフテキリグを使う方が多くなってきました。

ジカリグとテキサスリグの中間にあたるようなリグですが、この2つのリグの長所を併せ持つのがビフテキリグで、高いフッキング率とフォールの速さやスリ抜けが良いことが特徴に上げられます。

こちらの動画で詳しく解説されています。

ビフテキリグの作り方

ビフテキリグの作り方はとても簡単でテキサスリグとまったく同じです。シンカーストッパーを付けビーンズシンカーを通しラインとフックを結びワームを付けるだけで完成ですので、ビーンズシンカーを購入するだけでビフテキリグを使うことができます。

ビフテキリグ

ビーンズシンカーの重さは、野池であれば5g,7g,10gの3つが主になりますが、釣り場の深さやストラクチャーの感じに合った重さを選ぶといいと思います。

僕の場合は野池やリザーバーの壁際のストラクチャー狙いとシャローのズル引きが基本なので、5mより深い場所を狙うことはなく7gと5gが必然的に多くなり、テキサスリグでも5g~8.8gを基準に使っていたのでビーンズシンカーの重さを選ぶ基準はテキサスリグとほぼ同じで考えてよい思います。

ビフテキリグ

ビーンズシンカーは重心が下にくるのでテキサス用のバレットシンカーと同ウエイトでもビフテキリグの方が沈む速さが早くなります。

また、タングステンモデルは高比重により高感度でシンカーのサイズがコンパクトでカバーからのスリ抜けがよくなるので、タングステンモデルをおすすめします。

ビフテキリグの使い方と特徴

使い方はテキサスリグやジカリグと同じくカバー撃ちが基本となりますが、七区貯水池のような広大なエリアや野池の底ズル引きでも威力を発揮します。

テキサスリグをカバー撃ちした場合、深く沈むほどラインの抵抗やシンカーの傾きによってフォール姿勢が崩れて安定しないことがありますが、ビフテキリグなら重心が下にくるのでまっすぐに底まで沈んでいきコントロールがつけやすく感じがしました。

またストラクチャーに当たった時の感度やボトムを細かく探るにはビフテキリグが圧倒的にやりやすく、この点はジカリグに似てる感覚があります。

フッキング率はバレットシンカーの時とほぼ変わらないようですが、ビフテキリグはジカリグのようにシンカーとワームが少し離れることになるのでフッキング率は多少良くなる気がしますが、釣り場によって色々なパターンがあるので時と場合によると思います。

ワームもテキサスリグやジカリグと同じく、ホッグ系やクロー系のワームをメインに使い慣れたお気に入りのワームでOK!僕の場合はOSPのドライブシュリンプやドライブクロー、エバーグリーンのキッカーバグやダブルモーションなどのワームを使っています。

ビフテキリグのまとめ

野池では以外と木やウイードやゴミなど色々なものが底に沈んでいて、特に壁際を中心にストラクチャーとなるものが多く存在し、複雑すぎてフローターですら攻め切れない場所も多々ありますが、そういった場所を細かく探るにはビフテキリグが向いていてテキサスリグよりも効率がよいです。ダムでも岩場やゴミ溜りや駆け上がりなど、今までテキサスリグでやってきた場所にも最適です。

ブラックバス

先週のフローター釣行でビフテキリグで仕留めた野池の50cm、リューギ×ジャングルジムのブラックビーンズシンカーTG(7g)にドライブシュリンプ4.8インチにストレートフックの組み合わせ。ビフテキリグは既に自分の釣りに取り入れつつあり、今後はテキサスリグよりも使用頻度が高くなりそうな予感がしています。

テキサスリグと大した差はないので、ビフテキで釣れてテキサスで釣れないっていう事はないと思いますが、ワームの力に依存する部分もあると思いますので色々試してみる価値がありそうです。

テキサスリグとジカリグの定番リグに続き、ビフテキリグを釣り場に応じて上手く使いこなせばいい釣果が期待できるのでオススメです!気になった方は是非使ってみてください!

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • バルコマン より:

    ビフテキはウチも試したことがありますが、シンカーが回って意図しない向きになってることが多発したので止めました

    そんな事ないですか?

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      確かにシンカーが変な方向を向いているときがありますね…
      ラインの結び目の切れ端がシンカーに当って向きが変わっているときがあります(^^;
      シンカーストッパーとフックの間に余裕を持たせて、ビフテキシンカーをがっちり固定せずに少し前後に動くぐらいにしていると、シンカーの向きが安定してジカリグみたいな使用感になりますよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. シマノ新技術「スパイラルXコア」とは?バンタム170UH-SBにも採用!
  2. 12月10日 釣行 水温一桁突入!おかっぱりで40アップ!
  3. ポイズンアルティマ「163MH」購入&インプレ!
  4. 12月3日 釣行 スマイルカップ2017最終戦に参戦しました!
  5. TRIBE第3回フォトトーナメントで3位になりました!
  6. 晩秋の高知・愛媛遠征2017
  7. シマノ新製品「18カルカッタコンクエスト300/301/400/401」
  8. 11月18・19日 釣行 爆風の中フットボールジグで50アップ!
  9. 11月11・12日 釣行 立冬の野池でメタルバイブが炸裂&ドライブビーバーでも40アップ!
  10. 11月3日 釣行 秋から冬への変わり目はコバスパラダイス!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu