16メタニウムMGLのベアリング&ハンドルを交換しました!

13メタニウムのマイナーチェンジ版「16メタニウムMGL XG」を購入しました。
シマノ最新技術を使いスプールの軽量化を成功したことで飛距離が向上し、完成度の高い大人気リールです。
早速ベアリングとハンドルを交換してカスタムしましたので簡単にインプレしたいと思います。

今回購入したのはXGギアの右ハンドルで、主にジグ&テキサスの撃ち物系に使う予定です。今まで15メタニウムDCを使っていましたが別のタックルに組み合わせたことで、16メタニウムMGL XGをジグ&テキサス用に構成を変更しました。

16メタニウムMGL XG

スプールが軽くなったことで、キャスト時のスプールの初速が早くなり軽いシンカーでも投げやすくなるのと、グロリアスとの組み合わせでは非常に軽いタックルバランスとなるのでジグ撃ちにも使えるため16メタニウムMGL XGを選びました。

ボディーの形状は従来と同じですが、ツートンカラーではなくシルバーで統一されています。SVSの部分は4つのシューがスプールにセットされていて、ON/OFFが可能ですがスプールから取り外しができないようになっています。

16メタニウムMGL XG

シューが4つONの状態でダイヤル1で投げるとバックラッシュしてしまうほど設定幅が広がっているので、シューの取り外しができなくても基本1~6のダイヤルを調整するだけで理想のブレーキ設定が可能になっていました。

今回はヘッジホッグスタジオから出ている以下のパーツに交換していきます。

ベアリング かっ飛びチューニングキットAIR HD(1150AIR HD&1030AIR HD)
SHGプレミアムベアリング(SHG-740ZZ)
ハンドル アベイル オフセットハンドル STi(HD-OF-13MT-A 95mm)
アベイル ハンドルロックナット M7
ドラグ アベイル 13メタニウム専用スタードラグ(SD-MT13-A)
その他 メカニカルブレーキノブ MT13

ベアリング編

ベアリングはヘッジホッグスタジオのかっ飛びチューニングキットAIR HD(1150AIR HD&1030AIR HD)に交換します。AIRシリーズなのでベイトフィネスクラスのウエイトのルアーからヘビーウエイトまで幅広く対応するセラミック製のベアリングです。

1. カバーのベアリング交換

16メタニウムMGL ベアリング交換

16メタニウムMGL ベアリング交換

ベアリングの抜け止めの針金を取り外してベアリングを交換し元に戻します。従来のベアリング交換と同じ作業ですのでとても簡単です。

2. スプールのベアリング交換

シマノはメカニカルブレーキ側にメインベアリングが付いていることが標準でしたが、スプール本体にベアリングが付いたことでダイワ製品のスプールに似た構造に近づきました。メカニカルブレーキ側にも小さいベアリングが入っていましたが、回転ノイズを減らすためのサブベアリングとして機能しているようです。

16メタニウムMGL ベアリング交換

スプールシャフトピンとEリングを取り外してベアリングを交換し元に戻します。シャフトピンとEリングの取り外しと取り付けは細かい作業ですので、部品を傷つけたり壊さないように慎重に行う必要があります。

16メタニウムMGL ベアリング交換

実際にやってみた感じそれほど難しい作業ではなかったですが、16メタニウムMGLのスプールシャフトピンは片方が太く片方が細いという今までにない構造でしたので、ベアリングリムーバーが必須となります。

3. ウォームシャフトギアをベアリング仕様

ウォームシャフトとはラインをスプールに巻くときに均等になるよう左右に振り分けるためのギアです。この部分は樹脂ベアリングとなっているため、これをSHGプレミアムベアリングに交換します。

16メタニウムMGL ベアリング交換

この部分のベアリングを交換するためには本体も分解しメインギアを取り外す必要がありますので、リールの分解経験のある上級者向けの作業になります。

16メタニウムMGL ベアリング交換

パーツを一つ一つ外していくとウォームシャフトの樹脂ベアリングが見えてきます。

16メタニウムMGL ベアリング交換

左が元々付いている樹脂ベアリング、右が今回交換するヘッジホッグスタジオのSHGプレミアムベアリング(SHG-740ZZ)外径7mm×内径4mm×幅2.5mm です。

16メタニウムMGL ベアリング交換

樹脂ベアリングを取り外してSHGプレミアムベアリングに交換し元に戻していきます。メインギアも取り付けて本体のカバーを閉めたらついでにハンドルも交換します。

ハンドル・ドラグ編

ハンドルはオフセットハンドル STi(HD-OF-13MT-A 95mm)、ドラグは13メタニウム専用スタードラグ(SD-MT13-A)に交換します。両方ともアベイルの軽量パーツで、交換することでハンドルが軽く感じられるようになります。

1. ハンドル取り外し

16メタニウムMGL ハンドル交換

2. ハンドルノブ取り外し

16メタニウムMGL ハンドル交換

3. ハンドルノブ取り付け

16メタニウムMGL ハンドル交換

4. ハンドルとドラグを取り付けて完成

16メタニウムMGL XG

全てのパーツを取り付けて完成しました!

16メタニウムMGLのベアリング&ハンドル交換まとめ

シルバーのボディーに赤のドラグがアクセントとなり、ハンドルを交換したことでより引き締まった見た目に変身しました。またセラミックベアリングに交換したことでNEWマグナムライトスプールとの組み合わせにより、ジグ&テキサス用のリールなのにベイトフィネス並の性能となっています!

フローターやボートだと近距離戦が多く、カバー撃ちやピッチングでベイトフィネスのようにテキサスリグが扱えるということは、小規模な場所でも非常に高いアキュラシーが生まれ、キャストの精度の向上と安定したキャストが期待できるということです。

16メタニウムMGLは見た目以上に性能は大きく進化していて、欠点がほとんど無く完璧と言っていいほどのリール。問題の多いSVSについてもこれで完成系となったのではないだろうか。

ベアリングとハンドルを交換するだけでよりリールの性能を引き出すことができるので、気になった方は是非チャレンジしてみてください!

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • バルコマン より:

    やってますねぇ(*≧∀≦*)
    自分でチューニングすると愛着もましてきますよね

    でも、ウチはあえてロッドとかのバランスを崩してるのでリールはかっ飛び仕様よりラインキャパがあっても巻き量減らして飛ばなくてもいいからトラブルレス仕様が好きですね

    てか、NESSくんみたいに自分でチューニングが出来ないだけなんですけどね(;^_^A

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      チューニングしてリールの機能や仕組みが分かると更に愛着を持って使えます(^^)
      巻量を減らしたらトラブルが起きにくくなるので、その使い方をしてる方も結構多いですね!
      ハンドルやベアリング変えるぐらいなら結構簡単ですよ(^^)
      でも劇的に変わるほど性能はアップしないので、チューニングは自己満足的な部分もあるかもしれません(^^;

  • ゆうゆう より:

    お久しぶりです(^^)
    難しいことされてますね。僕には絶対に無理です笑 僕は未だにメタマグ使ってます笑

    13メタニウムを進化させた16メタニウムMGLですが、マグナムライトスプールがウリらしいですね。あるサイトの情報ですが、スプールの重さは13メタニウムが12.4g、16メタニウMGLは14.1gらしいですよ。慣性モーメントが小さくなり、重量は増えたけれども回転しやすいとのことで、僕にはよくわかりませんが、そんなことも書いてありました。何はともあれ、16メタニウムMGLは最高みたいですね。久しぶりにリール買ってみようかな笑

    • 管理人 より:

      >ゆうゆうさん
      お久しぶりです!コメントありがとうございます!
      メタマグは当時は最高のリールでしたね!
      16メタニウムMGLのスプールはベアリングを含めての重さですが、13メタニウムのスプールより重くなっているのは意外でした。
      スプールの側面を肉抜きしたのと、スプールを支えるベアリングの配置を変えたことで、ベイトフィネスリールのような回転になってどんなルアーでも投げやすくなっているようです。
      この価格でこの性能的は素晴らしいリールですので、必要性を感じたら買って間違いないと思います(^^)

  • ばすまにあ より:

    はじめまして。
    コメントではなく質問で恐縮です。
    これまで所有していたリール(ほとんどシマノ)はほぼ全てベアリングを交換していました。
    今回も例外ではなくベアリングを交換しようと思ったのですが、どうしてもEリングを外すことができません。
    どのようにして外したのか教えて頂けないでしょうか?
    ヘッジホッグのHPでは爪楊枝2本で押せば外れると記載されていたのですが、私はうまくできません。
    うまいやり方、あるいはおススメの工具などあれば教えてください。
    どこかのHPでタミヤの『2mm Eリングセッター』も試してみたのですが、これもうまくいきません。
    悶々としているので、どうぞお知恵をお貸しください。

    • 管理人 より:

      >ばすまにあさん
      はじめまして、当ブログを拝見いただきありがとうございます!
      スプールのEリングの外し方ですが、僕は工具は使わず爪だけで外しています。
      文章で説明するのが難しいですが、シャフトピンを外してベアリングを押し下げながらEリングの隙間に左手の親指の爪を入れて押さえ込み、右手の人差し指か親指の爪もEリングの隙間に差し込んで広げるようにずらしながら外しています。
      それでも外れないときは、先の細いラジオペンチの先で押し広げるように外した時もありました。
      ラジオペンチはスプールに傷を付ける可能性があるのであまりおすすめはできません…。
      Eリングを外すときのコツは、押し広げる方向がEリングと水平になるように力をかけることで外しやすくなります。
      スプールのふちが邪魔して斜めに広げる力がかかっているとEリングは外れないです。
      ご参考に頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. シマノ新技術「スパイラルXコア」とは?バンタム170UH-SBにも採用!
  2. 12月10日 釣行 水温一桁突入!おかっぱりで40アップ!
  3. ポイズンアルティマ「163MH」購入&インプレ!
  4. 12月3日 釣行 スマイルカップ2017最終戦に参戦しました!
  5. TRIBE第3回フォトトーナメントで3位になりました!
  6. 晩秋の高知・愛媛遠征2017
  7. シマノ新製品「18カルカッタコンクエスト300/301/400/401」
  8. 11月18・19日 釣行 爆風の中フットボールジグで50アップ!
  9. 11月11・12日 釣行 立冬の野池でメタルバイブが炸裂&ドライブビーバーでも40アップ!
  10. 11月3日 釣行 秋から冬への変わり目はコバスパラダイス!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu