16アンタレスDCを使ってみた!

シマノベイトリールのフラッグシップモデル「16アンタレスDC」が2016年春にフルモデルチェンジしました。
NEW 4×8 DCブレーキを搭載し100m越えという最強の飛距離を誇る最新リールです。
16アンタレスDCを使う機会がありましたので、簡単にインプレしたいと思います。

16アンタレスDC

まず感じたことは剛性感が素晴らしい!マイクロモジュールギアとマグネシウムフレームにより巻き心地はNEWカルカッタコンクエストを超えるほどのトルクと滑らかさです。

リールの重量も非常に軽く作られていて(ロッドが16ポイズングロリアスっていうのもあるかもしれないが…)12アンタレスよりコンパクト化されてパーミングしやすくなっていました。

内部のモードダイアルは、
FL(フロロカーボン)
P(PE)
NM(ナイロンモノフェラメント)
X(エクストリームロングキャスト)
の4つのモードを選ぶことができます。

16アンタレスDC

エクストリームロングキャストがブレーキの効きが弱く、PEがブレーキの効きが一番強くなります。試しにXで普通のルアーを投げてみるとバックラッシュしそうになってしまう…。

メタルバイブやヘビキャロなど抵抗の少ないルアーの遠投モードなので、このモード使うときは風向きや使用ルアーに気を使うけど、設定がハマれば驚異的な遠投性能が発揮されるだろう。

基本はフロロを使うことが多いので今回はFLに設定し、フロロ16lbを巻いてロッドはポイズングロリアス170H-SBでジャッカルのチャンウェイクを投げてみました。

16アンタレスDC

8段階の外部ダイヤルを6前後に設定して気持ちよく飛んでいく!ダイヤルを下げていくと当たり前だがバックラッシュしそうになるけど、遠投したときは空走期間にブレーキの利きが弱まり、DC特有の後が伸びるようなフィーリングでした。

スプール径が大きいので軽いルアーは投げにくく、スピナーベイトやビッグベイトやバイブレーションなど、主に1/2以上の中~重量級ルアーの巻物に特化しています。3/8前後のルアーが前提なら15メタニウムDCという使い分けもできそうです。また、これほど飛距離が出ると巻物用に使うとしてもHGモデルを選んだ方がいいと思います。

16メタニウムMGLでも感じたことですが、ベアリングの配置が変わった事とNEWマグナムライトスプールでスプールの回転がとても良くなったことが少し投げただけでも分かりました。今までメカニカルブレーキ側にあったベアリングがスプール内に移動したので、スプールの両端をベアリングがしっかり支えて絶対ブレないぞ!っていう感じがリールから伝わってきます。

遠投向けのリールなのでおかっぱりやボートで使う分にはとてもいいのですが、飛距離を必要としないフローターだとオーバースペック過ぎるので、今の環境だと性能をもてあます気がします…。しかし、おかっぱりで中~重量級ルアーを頻繁に使うなら絶対おすすめできるリールですので、飛距離が欲しい方にはきっと満足できるリールだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. シマノ新技術「スパイラルXコア」とは?バンタム170UH-SBにも採用!
  2. 12月10日 釣行 水温一桁突入!おかっぱりで40アップ!
  3. ポイズンアルティマ「163MH」購入&インプレ!
  4. 12月3日 釣行 スマイルカップ2017最終戦に参戦しました!
  5. TRIBE第3回フォトトーナメントで3位になりました!
  6. 晩秋の高知・愛媛遠征2017
  7. シマノ新製品「18カルカッタコンクエスト300/301/400/401」
  8. 11月18・19日 釣行 爆風の中フットボールジグで50アップ!
  9. 11月11・12日 釣行 立冬の野池でメタルバイブが炸裂&ドライブビーバーでも40アップ!
  10. 11月3日 釣行 秋から冬への変わり目はコバスパラダイス!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu