秋の高知・愛媛遠征2016 準備

その他

待ちに待ったシルバーウィーク!
夏の遠征からわずか1ヶ月しか経っていませんが、今日から秋の遠征に高知と愛媛のフィールドに釣行します。

この時期は毎年のように遠征していてかなりの釣果が期待できる季節、しかし今回ばかりは台風と秋雨前線の影響で雨が続く予報となっており、台風が直に来れば釣りすらできない状況になりそうな予感…。

去年の遠征でもちょうど今頃に大雨が降り、激濁りと放水での急激な水位低下でかなりタフコンディションとなっていたのを覚えています。

今回の遠征で唯一期待できるのは愛媛県の小規模ダムと、雨が降ると活性が上がるシークレットダム。夏から秋へ変わるタイミングではダムの場合バスの活性が高くなることが多く、コバスが多いながらも巻物でデカバスが狙いやすい季節だ。

今年の夏は雨が少なかったことで今でも減水しているダムが多く、減水していたとしても安定していればいい釣りができるのではと予想していますが、台風の進路と天気が今回の釣行の明暗を分けるような気がしています。

台風が過ぎれば後半は天気が回復し釣りが出来そうなので、安全に気をつけて初秋の釣りを楽しんでこようと思っています。乞うご期待!

次回の更新は9月下旬を予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です