【広告】ソアリンシャッドⅡを使ってみました!

水面高速系ルアー「ソアリンシャッドⅡ」をフローターで使ってみました!

ソアリンシャッドⅡは高速で泳ぐ小魚を水面に追い詰めて捕食する魚を釣ることに特化したワームです。水面を高速で巻いてピョンピョンと跳ねるようなアクションを付け、ボイルしているような小魚を演出してバスを誘います。

本来この釣り方はリザーバーや湖などの水が透き通ったクリアウォーターレイクのバックウォーターやシャローで小魚を捕食しているバスに効果がある釣り方ですが、野池でも通用するので早速実釣してみました。

ソアリンシャッドⅡ

形状は小魚をイミテートしたとてもシンプル形でサイズは1.8インチと2.3インチがあり、色も現段階では5色あるので天候や釣り場によって使い分けもできます。また、本体の下側には軽めのネイルシンカーを入れることで特殊なアクションを実現できるようになります。

今回使用した釣り場は大半がカバーで覆われたウイードのある小規模な野池、水質はマッディーと言ったところだが見えバスも多数確認でき水面を意識しているバスが多いので、ソアリンシャッドⅡを試してみました。

カバー際に向けてひたすらキャストしていくと入れ食いに近い状態に…

ブラックバス

ブラックバス

コバスばかりでしたが肝心の40cm近いサイズは惜しくもジャンプでバラシ…。色も各色を試したところ、この日はオレンジへの反応がとても良かったです。

本来はスピニングタックルで使用するワームですが、バス用のスピニングタックルを所有してないので、代わりにベイトフィネスで投げることにしました。

同じワームで釣ってはリリースを繰り返していたのでセッティングがズレてしまい、ワームが回転してしまう時があったのでスイベルを付けていましたが、正しくセッティングを行うとしっかり動くので、バスに見切られることがなくバイトに持ち込むことが可能でした。

野池ではカバー際を狙う釣りになるので着水してすぐのバイトが多く虫パターン的な使い方もできます。もし興味のある方がいましたら是非使ってみてください!

ウェアラブルカメラで実釣動画も撮影しましたのでよろしければご覧ください。

ソアリンシャッドⅡの詳細はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 夏の高知・愛媛遠征2018
  2. 8月4日 釣行 灼熱野池でフローター!ウナテキとチャターで連発!
  3. 7月28・29日 釣行 台風パワー炸裂!ウナテキで50アップ!
  4. フローターテーブルのメジャーをリューギデッキメジャーステッカーIIに張替えました!
  5. 初夏の高知遠征2018
  6. バンタム「160M」購入&インプレ!
  7. 6月の単発釣果をまとめてみました!
  8. 7月1日 釣行 スマイルカップ2018第2戦に参戦しました!
  9. 6月16・17日 釣行 初夏は野池開拓が熱い!初場所で40アップ複数!
  10. 6月2・3日 釣行 ボウワーム8インチの「ウナテキ」がハマりまくり!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu