シマノ新製品「17カルカッタコンクエストBFS HG」

シマノの丸型ベイトリール、カルカッタコンクエストがベイトフィネス版となって2017年に登場します!FTB(フィネスチューンブレーキシステム)を搭載し、丸型ベイトリールが新しいベイトフィネスの未来を切り開きます。

カルカッタコンクエストは剛性と巻き心地が売りで、巻物専用リールとして人気が高く使っている方も多いと思います。僕自身もDCを所有しており、巻くならカルカッタコンクエスト!というふうに、このリールには変に愛着を感じていました。

そんな巻物に特化したリールですが、ベイトフィネス版が出るということでかなり驚きました。

ブレーキシステムは 16アルデバランBFS XG にも搭載されているFTB(フィネスチューンブレーキシステム)、マイクロモジュールギアはもちろん、今までのリールに搭載されていた最新技術を盛り込み、ベイトフィネス専用リールのハイエンドモデルとなっています。

ボディの形状は14カルカッタコンクエストをベースとしていてカラーはガンメタに仕上がっています。また、ハンドルは 16アルデバランBFS XG と同じものを流用しているようです。

17カルカッタコンクエストBFS HG

17カルカッタコンクエストBFS HG
出典:製品情報|シマノ

丸型ベイトリールのベイトフィネスはにコンクエスト50DCとカーディフ50というモデルが存在していますが、どちらもベイトフィネスに特化したリールという訳はなかったので、今回17カルカッタコンクエストBFSが出ることでバス釣りや渓流などライトリグを扱うルアーフィッシングに導入しやすくなったと思います。

気になる重量ですが200gということでやはりベイトフィネスのリールとしては少し重いです。丸型リールは剛性を保つための構造や素材などで軽量化に限界があるのかもしれません。また価格も高めの設定となっています。

しかし重さを補うほどの技術やスペックがこのリールには搭載されていますので、用途が合えば非常に使えるリールとなることは間違いないと思います。

・マイクロモジュールギア
・X-SHIP
・HAGANEボディ
・S3Dスプール
・FTBブレーキシステム
・Sコンパクトボディ
・エキサイティングドラグサウンド

発売日:左 2017年2月予定、右 2017年5月予定

スペック表

品番 ギア比 最大ドラグ力(kg) 自重(g) スプール寸法(径mm) 糸巻量(lb-m) 最大巻上長(cm) ハンドル長 ベアリング数 本体価格
RIGHT 6.8 4.0 200 32/21 8-45 68 42 12/1 54,000円
LEFT 6.8 4.0 200 32/21 8-45 68 42 12/1 54,000円

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • バルコマン より:

    いいですねぇ(*≧∀≦*)
    すげぇ気になるぅ

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      カルカッタコンクエストがベイトフィネスになるなんて思ってもみませんでした!
      また詳細が分かり次第追記していきます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. シマノ新技術「スパイラルXコア」とは?バンタム170UH-SBにも採用!
  2. 12月10日 釣行 水温一桁突入!おかっぱりで40アップ!
  3. ポイズンアルティマ「163MH」購入&インプレ!
  4. 12月3日 釣行 スマイルカップ2017最終戦に参戦しました!
  5. TRIBE第3回フォトトーナメントで3位になりました!
  6. 晩秋の高知・愛媛遠征2017
  7. シマノ新製品「18カルカッタコンクエスト300/301/400/401」
  8. 11月18・19日 釣行 爆風の中フットボールジグで50アップ!
  9. 11月11・12日 釣行 立冬の野池でメタルバイブが炸裂&ドライブビーバーでも40アップ!
  10. 11月3日 釣行 秋から冬への変わり目はコバスパラダイス!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu