16アルデバランBFS XGのベアリング&ハンドルを交換しました!

16アルデバランBFS XG

シマノのベイトフィネス専用機「16アルデバランBFS XG」を購入しました。
シマノ初のマグネットブレーキと最軽量スプールを組み合わせた画期的なブレーキシステム「FTB」を搭載したリールです。
チューニングしなくてもかなり高性能なリールですが、ベアリングとハンドルを交換しましたので簡単に紹介したいと思います。

今回購入したモデルはギア比8:1(XGギア)の右ハンドルで、主にネコリグ、ダウンショット、小型プラグ等に使う予定です。

今までは旧12アルデバラン BFS XGをスプール変えたりマグ化したりいじれる部分は全部いじってカスタムして使っていて、軽いルアーでもかなり飛び十分な性能でしたが、唯一マグネットのブレーキ調整が面倒だったのと、ベイトフィネス2本体制にしたかったので新型を導入することにしました。

16アルデバランBFS XG

今年は17カルカッタコンクエストBFS HGと17スコーピオンBFS XGが近日発売される予定ですが、17カルカッタコンクエストBFS HGは用途に合わなかったので保留にし色々迷った結果、17スコーピオンBFS XGよりもハイエンド機となる16アルデバランBFS XGを選びました。

今回交換するパーツはベアリングとハンドルとドラグの3点です。ベアリングはヘッジホッグスタジオから出ているかっ飛びチューニングキット、ハンドルとドラグはアベイルのものに交換していきます。

16アルデバランBFS XG

以下が今回購入したパーツです。

ベアリング ヘッジホッグスタジオ/かっ飛びチューニングキットAIR(730AIR&730AIR)
ヘッジホッグスタジオ/SHGプレミアムベアリング(SHG-740ZZ)
ハンドル アベイル/オフセットハンドル LT HD-SH-LT 85mm
アベイル/ハンドルロックナット M7
ドラグ アベイル/シマノ15アルデバラン50用オリジナルスタードラグ SD-ALD15

ハンドルロックナットは純正で付いているものをそのまま流用して使えるので購入しなくてもよかったのですが、色を赤に合せたかったので交換することにしました。

ベアリング編

ベアリングはヘッジホッグスタジオのかっ飛びチューニングキットAIR(730AIR&730AIR)に交換します。AIRシリーズはベイトフィネスに特化した製品で、マイクロボールが内蔵されていて回転性を高めたセラミック製のベアリングです。

スプールのベアリング交換

サイドカバーを外してスプールを取り出します。

16アルデバランBFS XG

ベアリング交換

スプールベアリングリムーバーを使ってスプールシャフトピンを抜いていきます。軸が細いためか軽く回しただけで16メタニウムMGLのスプールより簡単に抜けました。

ベアリング交換

サイドカバーのマグネットブレーキの中にあるベアリングは、ブレーキユニットを取り外さなくてもそのまま交換できます。

ベアリングの位置が少し奥深くにありベアリング抜け止めの針金が外しにくく入れにくい構造ですので、マイナスドライバーとピンセットを使って慎重に作業する必要がありました。

ベアリング交換

交換完了!

ちなみに旧12アルデバランBFS XGはスプールを支えるベアリングは3点式だったのに対して、16アルデバランBFS XGは2点式なのでメカニカルブレーキ側にはベアリングはありません。

実際にやってみた感じそれほど難しい作業ではなく、多少の器用さはいりますが誰でも簡単にできる作業です。また、最近はシマノもスプールの内側にベアリングを配置することが主流でスプールベアリングリムーバーが必須となります。

ウォームシャフトギアをベアリング仕様

16アルデバランBFS XGのウォームシャフトのベアリングは16メタニウムMGLと同じで樹脂ベアリングとなっているため、これをSHGプレミアムベアリングに交換します。

ベアリング交換

この部分のベアリングを交換するためには本体も分解しメインギアを取り外す必要がありますので、リールの分解経験のある上級者向けの作業になります。

ベアリング交換

ウォームシャフトのギアを外すと樹脂ベアリングが見えてきますので、反対側から細いドライバーで樹脂ベアリングを押し出します。

ベアリング交換

左が元々付いている樹脂ベアリング、右が今回交換するヘッジホッグスタジオのSHGプレミアムベアリング(SHG-740ZZ)外径7mm×内径4mm×幅2.5mm です。

ベアリング交換

SHGプレミアムベアリングを入れて、各パーツを取り付けて元通りに組み立てていきます。

16アルデバランBFS XGには「エキサイティングドラグサウンド」という魚がドラグを引き出していることが音で分かる機能が付いておりその構造が以下の部品です。

ドライブギア

ドライブギアにクリッピングピンがついていて、ラインが引き出されると別のパーツと接触することで音が出る仕組みでした。

ハンドルを取り付ける手前まで組み立てできたらついでにハンドルも交換します。

ハンドル・ドラグ編

ハンドルはオフセットハンドル LT HD-SH-LT 85mm、ドラグは15アルデバラン50用のスタードラグ SD-ALD15 に交換します。両方ともアベイルの軽量パーツで、交換することでハンドルが軽く感じられるようになります。

ハンドル取り外し

取り付けるハンドルとドラグを用意します。

ハンドル交換

ハンドルノブ取り外し

純正のハンドルからノブを取り外します。

ハンドル交換

ハンドルノブ取り付け

アベイルのハンドルにそのまま移植します。ノブにぐら付きがある場合は付属のワッシャーを1枚入れますが、今回はワッシャーを入れない状態がちょうど良かったです。

ハンドル交換

ドラグ交換

15アルデバラン50用のドラグですが、16アルデバランBFS XGにも取り付けできました。

ドラグル交換

16アルデバランBFS XGのベアリング&ハンドル交換まとめ

全てのパーツを組み立てて完成しました!

16アルデバランBFS XG

ガンメタボディーに赤のドラグがアクセントとなり、ハンドルを交換したことでより引き締まった見た目になったと思います。

130gという重量は相当なものでポイズングロリアスと組み合わせると持ち重り感がまったく無いほど軽い…、ロッドとリール合せて230gぐらいしかないことになります。巻き心地もシルキーで、軽いルアーでも飛距離が出るのでとても投げやすかったです。

ブレーキの設定はマグネットは追加せずにデフォルトの6個の状態で、外部ダイヤルを4~6ぐらいが最適でした。

僕はスピニングリールを使わないスタイルで、ベイトフィネスの出番も他のタックルから比べれば少ない方ですが、必要不可欠なタックルなのとフィネスが有利なフィールドもたくさんあるので、今年もどんどんベイトフィネスを使っていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. シマノ新技術「スパイラルXコア」とは?バンタム170UH-SBにも採用!
  2. 12月10日 釣行 水温一桁突入!おかっぱりで40アップ!
  3. ポイズンアルティマ「163MH」購入&インプレ!
  4. 12月3日 釣行 スマイルカップ2017最終戦に参戦しました!
  5. TRIBE第3回フォトトーナメントで3位になりました!
  6. 晩秋の高知・愛媛遠征2017
  7. シマノ新製品「18カルカッタコンクエスト300/301/400/401」
  8. 11月18・19日 釣行 爆風の中フットボールジグで50アップ!
  9. 11月11・12日 釣行 立冬の野池でメタルバイブが炸裂&ドライブビーバーでも40アップ!
  10. 11月3日 釣行 秋から冬への変わり目はコバスパラダイス!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu

ソーシャルメディアSocial Media

  • Instagram
  • YouTube
  • RSS