ブルフラット

最強のフォールベイト「ブルフラット」の使い方と釣れる理由を解説!

全国各地のフィールドで驚異的な釣果を叩き出しているデプスのギル型ワーム「ブルフラット」。

発売から数年経った今でも人気カラーに関しては入手困難なワームで、ショップに並んだらすぐに完売してしまうほど注目度が高いです。

今回はそんなブルフラットに隠された魅力と使い方やリグ・セッティングまで、釣れる理由を考えてみたいと思います。

デプス ブルフラットとは?

ブルフラット

ブルフラットは2014年7月にデプスから発売されたブルーギルをイミテートしたワームです。

ブルフラットを作ったキッカケは、ブルーギルを餌にして琵琶湖の世界記録が釣れたからだそうです。

ブルフラットはその名の通り、ブルーギルに似せた肉厚のあるフラットなボディが特徴的、蛇腹状のテールと6本のアームが付いており、今までのワームには無かった形をしています。

オリジナルサイズは4.8インチ、その後5.8インチ・3.8インチ・3インチ・2インチ、更にノンソルトモデルが追加され、現在は全5サイズで展開されています。

ブルフラット ラインナップ

スペック表

サイズ 個数 重さ ノンソルトモデルの重さ 定価(税抜)
5.8インチ 4 1.6oz 1.5oz 800円
4.8インチ 4 1oz 7/8oz 800円
3.8インチ 6 1/2oz 7/16oz 800円
3インチ 6 1/4oz 7/32oz 800円
2インチ 10 1/16oz 800円

※2~4.8インチ:2017年秋FECO認定
※5.8インチ:2019年夏FECO認定

推奨フックサイズ

5.8インチ オフセットフック #7/0
4.8インチ オフセットフック #5/0
3.8インチ オフセットフック #4/0
3インチ オフセットフック #1~#2/0
2インチ オフセットフック #4~#6
マス針 #1~#3

出典:デプス|ブルフラット

リグ・セッティング

ブルフラット

ブルフラットで定番と言えるリグがライトテキサスリグで、他にもノーシンカーリグやジカリグが実績が高く、使い方によってはあらゆるリグやトレーラーにも使用できる汎用性の高さが特徴です。

最も使用頻度の多いライトテキサスリグを中心に解説します。

フック選び

フック

まずはフックですが、通常のオフセットフックでも良いですけど今回はスクリュー式を使います。

ワームのキープ力はスクリュー式が高く、比重のあるブルフラットをしっかりと支えてくれますし、ネジが抜けてもネジ込み直して使えるので、ブルフラットのようなワームにマッチします。

フックメーカーは、ブルフラット4.8インチに良かったものは以下の4つです。

  • ツイストロックジョインテッドキーパー #6/0
  • ハイパートルネード #7/0
  • ピアスフック #5/0
  • パイルドライバー #5/0

4.8インチの推奨フックサイズは5/0ですが、フッキング率を上げるためフックによっては1サイズ大き目を選ぶことをおすすめします。

また、フックを選ぶコツとしてはゲイブ幅に対してワームの厚みが大体2つ分くらいのフックをセレクトしたら良いです。

今のところハイパートルネードに落ち着いていて、ハイパートルネードは針先が上を向いており針先を隠しにくいため、針先を若干内側に曲げたセッティングにして使っています。

フック

更にハイパートルネード付属のスクリューのパーツはホールド力に欠けるため、ツイストロックのバネに交換しています。

フック

フックは通常のオフセットでも問題ないので、色々使ってみて自分に合ったフックを探すとよいでしょう。

シンカー選び

シンカー

ライトテキサスで使うシンカーは1.8g、2.7g、3.5gの軽めシンカーを使用します。

水深の浅い野池では1.8gか2.7gを基準に、水深のあるリザーバーでは3.5g~7gを使います。

ブルフラットはフォール中にバイトしてくることが多く、フォール中の間を作ることが大切で、軽めのシンカーを使いフォールスピードを遅くしてバイトに持ち込むことができます。

ピンポイントで狙うならノーシンカーでも全然有りです。

ブルフラット 4.8インチ/5.8インチ

オリジナルサイズの4.8インチのシンカーは2.7g、フックはハイパートルネード7/0の針先内向きセッティングが今のスタイルです。

ブルフラット

5.8インチも4.8インチと同様のセッティングで問題ないですが、5.8インチはシンカーはより軽めの1.8gまたはノーシンカーの方が自然なフォールアクションを出せました。

ブルフラット

シンカーストッパーはしっかり固定して、シンカーとフックの間に遊びを作らないセッティングで使っています。

また、ブルフラット本体とフックが接触する部分に少し掘れ込み入れています。

ブルフラット

こうすることでフックに挿したブルフラットが反ることなく、水中での動きにスピードが付いたアクションになります。

逆に少しだけ反らせるとイレギュラーなアクションを付けることもできるので、そういった使い方をするときは掘れ込みを入れないほうが良いです。

ブルフラット 3.8インチ

3.8インチについては、チャターやラバージグのトレーラー、普通のテキサスリグとしても使うことができ、汎用性が高いサイズです。

ブルフラット

シンカーは7g、フックはツイストロックジョインテッドキーパー4/0で通常のテキサスのように使用します。

タックルセッティング

ブルフラット

ブルフラットで使用するタックルは基本的にジグ用のロッドでOKで、4.8インチはMH~Hパワー、5.8インチはH~XHパワーとなります。

ブルフラット4.8インチの場合、重さは1oz(約28g)でシンカーやフックの重さを加えると30gを超えます。

ポイズングロリアスのシリーズであれば、1611MH、174MH、1610H、172H辺りの番手になりますが、自分の場合は166MHでブルフラット4.8インチを投げています。

リールはメタニウムMGL XGに16lbを巻き、糸巻き量を少し減らしています。

スキッピングを多用するブルフラットはバックラッシュしやすいので、糸巻き量を少し減らすことでバックラッシュしにくくなります。

ブルフラット5.8インチの場合は1.6oz(約45g)もあるので、ビッグベイト並みのHパワー以上のタックルが必要となり、ラインも18lb~20lb位がちょうど良く感じました。

カラー選択

ブルフラット

カラーはフィールドの状況次第ですので一概にこの色が良いと言えませんが、自分が使ってきた中で言えるとしたらスカッパノンが最強です。

釣り仲間も自分もスカッパノンでかなり実績があることから、ブルフラットの神カラーはスカッパノンだと思っています。

しかし、ブルフラットほどシルエットの大きいワームになると、クリアでも濁ってても十分な存在感があり、実際のところ「どんな色でも釣れる」というのがブルフラットだと思います。

基本的なカラー選びは濁っていればブラック系、クリアならグリーン系やナチュラル系を選び、セオリー通りのカラー選択をしていれば良いのではと言うのが、ブルフラットのカラー選択の結論に至りました。

ブルフラットの使い方

ブルフラットの使い方は、基本はテキサス&ジグと同じで、カバーの奥やストラクチャーに打ち込みフォールで誘って回収の繰り返しです。

おかっぱりとボート・フローターの使い方では少し違うかもしれませんが、今回はボート・フローターで使うことを前提にしています。

例えば以下のようなシチュエーション、水面とオーバーハングとの隙間が狭く水中にはストラクチャーが多い状況で、テキサス&ジグですら攻めにくいときに威力を発揮します。

野池

スパイラルフォール・スライドフォールでブルフラットが沈んでいくの見せてすぐにバイトがある時もあれば、着底してから軽くロッドをあおってアクションを加えた後にバイトあったり、回収中に食ってきたりと釣れるタイミングは様々。

テキサス&ジグは縦にしか沈まないですが、ブルフラットはスパイラルしながら沈んだり、スライドしながら沈んだりするので、テキサス&ジグでも届かないような場所までブルフラットを送り込むことができるイメージです。

野池

気になるカバーや今まで根がかりを恐れて攻め切れなかったカバーの奥の端まで、スキッピングでどんどん入れてフォールで誘うのが、ブルフラットの基本的な使い方です。

ブルフラットはフォールが遅いため、釣りがどうしてもスローな展開になりがちですが、ブルフラットで釣るには、遅くても我慢してしっかりフォールさせて着底から誘いまで時間をかけて探っていくことが需要で、ワームの力を最大限に発揮することがブルフラットで釣るコツだと思います。

また、季節的にもシャローにバスが差してくる春がブルフラットで最も釣れる季節です。春は冬の眠りから覚めたデカバスがシャローに差してくるので、そういったときにブルフラットが威力を発揮します。

ブルフラットが釣れる理由

ブラックバス

ブルフラットの凄いところはただフォールしているのではなく、フォール中は水の捉え方によって不規則なフォールスピードを出してくれるところ。

早くフォールしたと思ったらブルフラットの向きが変ってフォールスピードが遅くなったり、他のワームにはない自発的なフリーフォールを可能としているところではないでしょうか。

ブルフラットが釣れる理由は、恐らく不規則な動きと圧倒的な存在感やギルに良く似た形状でバスもついつい反応してしまうのではないかと思います。

また、他のルアーでは攻めにくいカバーに対してスキッピングで強気に攻めていけるのも、ブルフラットが釣れる理由に大きく関わっていると思います。

先日の釣行でブルフラット4.8インチで仕留めた53cmのビッグバス。

NESS(ネス)さん(@bassfishingheart)がシェアした投稿

オーバーハングの僅かな隙間にブルフラットを滑り込ませた直後にバイトし、ブルフラットの典型的な釣り方でした。

この池ではギルが大量に生息していてバスのターゲットになるベイトもギルでしたので、このとき釣れたのはマッチザベイトだったようです。

ブルフラットはその釣り場のデカバスのみを連れて来てくれますので、ここぞというカバーやストラクチャーにはブルフラットをどんどん入れ込んでいくと、いずれ結果は出ると思います。

ブルフラットは使えば使うほど面白いワームですので、ぜひ皆さんも第一軍ルアーとしてブルフラットを使ってみてください!

コメントを閉じる2

コメント一覧

  • バルコマン より:

    ブルフラット理解してますねぇ(*≧∀≦*)

    しかし、まだまだ使い方、セッティングがあるのでNESSくんなりの使い方を見つけて下さいねo(^o^)o

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      今年からブルフラットを使い始めて、かなりコツをつかんできました!
      他にも色々なセッティングがありますよね!
      巻いたりトレーラーにしたり他のリグを試したり…色々やってみたいと思っています(^^)

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です