ソアリンシャッドⅡの3.1インチを使ってみました!

インプレッション

ソアリンシャッドⅡ

ソアリンシャッドⅡの新サイズ、3.1インチのサンプルを頂きました。
1.8インチと2.3インチは去年の秋頃に使って感触は掴めていたのですが、今回は更に大きいサイズが発売するということでメーカー様より預かり、野池とダムのバックウォーターで使ってみました。

ソアリンシャッドⅡは前回の記事でも書きましたが、水面を逃げ惑うベイトのような演出で、バスの捕食スイッチを入れて食わす水面特化型のワームです。

今回は3.1インチのサイズが新しくラインナップに加わりましたので、レビューしてみたいと思います。

上から順に、3.1インチ、2.3インチ、1.8インチを並べてみました。

ソアリンシャッドⅡ

2.3インチと1.8インチは大きさの違いを差ほど感じられなかったですが、3.1インチになると一気に大きくなった気がします。

ソアリンシャッドⅡ

セッティングは従来のサイズと同様に、ジグフックを使いワームの下面の後ろから前に向かってネイルシンカーを入れます。

使い方もロッドを立て気味にして素早くリールを巻き、水面を逃げ惑う小魚をイメージした動かし方してバスを誘います。

まずは野池で水深が浅いワンドのシャローに投げてみると簡単に釣れる!

ブラックバス

小規模野池なのでほぼ虫パターン的な使い方でしたが、バスがソアリンシャッドⅡを見つけた瞬間から凄い勢いで近づいてきてためらい無く食いついてきました。

そしてダムのバックウォーターでは、水質がとてもクリアなので見えバスがちらほらと見え、ベイトフィッシュを狙って頻繁にボイルしています。

ソアリンシャッドⅡが最も得意とするシチュエーションです。

ダム

3.1インチをボイルしている場所に投げて、水面を高速でジャンプするように巻いてみると簡単にバイト!

ブラックバス

ブラックバス

ボイル撃ちで35cm前後とコバスを釣り、流れのヨレなどでも突然水面を割って出たり、まずまずの数釣りとなりました!

3.1インチのサイズではかなりの飛距離が出るので、今回のようにおかっぱりでバックウォーターを攻める時など強いアピール力でバックウォーター全域を広く探れます。

今回はベイトフィネス&フロロラインで使いましたが、本来はスピニングタックル&PEラインで使うもので、PEラインだと圧倒的な飛距離とフッキングを高めることができ、ボイル攻略にはスピニングタックルの組み合わせが必須だと思います。

詳しくはメーカー様のソアリンシャッドⅡのページに書かれていますのでそちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です