シマノ新製品「18カルカッタコンクエスト300/301/400/401」

カルカッタコンクエスト300/301/400/401マイナーチェンジ?

2015年に登場した15カルカッタコンクエスト300/301/400/401が2018年にマイナーチェンジされます!
300&400番はビッグベイトに特化した大型ベイトリールで、ビッグベイトを多用するアングラーにとっては大変気になるマイナーチェンジとなりそうです。

シマノの新製品は毎年12月下旬頃から情報が出始めますが、第一弾として早くも18カルカッタコンクエスト300/301/400/401の情報が紹介されていました。

今回は新製品と言うより、カルカッタコンクエストの300&400番のマイナーチェンジのようで、このモデルの小改良を行うようです。

主な変更箇所は、レベルワインド連動、エキサイティングドラグを装備、メカニカルブレーキのデザイン変更など細かな変更で、ギア比が5.6から6.2となり最大巻上長も76cmから84cmとなってハイギア化されていました。

18カルカッタ コンクエスト 300

18カルカッタコンクエスト300
出典:製品情報|シマノ

品番 ギア比 最大ドラグ力(kg) 自重(g) スプール寸法(径mm) 糸巻量(lb-m) 最大巻上長(cm) ハンドル長 ベアリング数 本体価格
300 RIGHT 6.2 7.0 325 43/22 16-210、20-160、25-135 84 48 12/1 58,800円
301 LEFT 6.2 7.0 325 43/22 16-210、20-160、25-135 84 48 12/1 58,800円
400 RIGHT 6.2 7.0 335 43/30.5 16-300、20-235、25-200 84 48 12/1 59,900円
401 LEFT 6.2 7.0 335 43/30.5 16-300、20-235、25-200 84 48 12/1 59,900円

■キャスト時にレベルワインドが連動
■ノーマルSVS
■エキサイティングドラグ
■キャスコンのデザインを一部変更
■ギア比が6.2
■巻上長が84cm

発売日:2018年1月下旬(左ハンドルは3月下旬)

スプール寸法やラインキャパや価格などは現行モデルと同じで変わっていないので、ハイギア化してキャスト時のレベルワインド連動とエキサイティングドラグを機能追加という感じのようですね。

新型と旧型の見分け方としてキャスコン(メカニカルブレーキ)のデザインを変更したのかもしれません。

ビッグベイトブームの近年では、ビッグベイトを多用するアングラーにとって注目度の高い製品となりそうです。

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • シロ より:

    購入して投げたがSVSブレーキ必要ない、飛ばない、投げるにレベルワインダーの音が凄い
    オシアのほうがいいかもしれない、

    • 管理人 より:

      >シロさん
      18カルカッタコンクエストを購入して使われたんですね!
      キャスト時にレベルワインダーから音がしますか…
      レベルワインダーが連動することで抵抗が増えて飛距離ダウンに繋がっているのかもしれませんね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 9月15~17日 釣行 釣れ過ぎた3連休!水温下がって早くも秋の荒食い!?
  2. 9月9日 釣行 スマイルカップ2018第3戦に参戦しました!
  3. 9月2日 釣行 ポンパドールで連発!しかしサイズは伸びず…
  4. 機能性を重視した釣り部屋の作り方
  5. 8月25・26日 釣行 減水野池でもウナテキが絶好調!
  6. 8月18・19日 釣行 ウナテキ&ポンパドールが絶好調!
  7. 夏の高知・愛媛遠征2018
  8. 8月4日 釣行 灼熱野池でフローター!ウナテキとチャターで連発!
  9. 7月28・29日 釣行 台風パワー炸裂!ウナテキで50アップ!
  10. フローターテーブルのメジャーをリューギデッキメジャーステッカーIIに張替えました!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu