フローターに最適なウェーダーの選び方

ネオプレーンウェーダー

ウェーダーがあると長靴より深い場所に入ってキャストできる範囲を広げることができたり、フローターでは足の保護や寒さ対策などにも役立ち、釣りの幅が広がる便利なアイテムです。

ウェーダーの種類は様々ありますが、今回はフローターでウェーダーを使うことを前提に、ウェーダーの選び方やソールについてご紹介します。

フローターはチェストハイウェーダー

ウェーダーの種類は「チェストハイウェーダー」「ウエストハイウェーダー」「ヒップウェーダー」に分けられます。この3つの中でフローターで使用するウェーダーは「チェストハイウェーダー」です。

ウェーダー

おかっぱりで湖や河川でのウェーデイングでも使用することができ、フローター以外でも用途が多くチェストハイウェーダーが一般的となります。

釣行頻度にもよりますが、毎週のようにウェーダーを使っていると寿命は1年ほどしかもたず、ウェーダーは消耗品と割り切っています。

先日購入したプロックスの通常のウェーダーとネオプレンウェーダー。

ウェーダー

大手メーカーでは3~4万円程するウェーダーもたくさんあって、高価なウェーダーは防水加工や摩耗に強い素材など使用されているので、安いウェーダーより長持ちして蒸れにくく快適性はあります。

しかし、フローターで毎週のように浮いたり、車から降りて釣り場まで険しい道を歩いて藪コギもするようなタフな使い方もすると、どんなウェーダーでもいずれ壊れてしまうので、手ごろな価格のウェーダーを買って穴が空くまで、または水漏れするまで履き潰す使い方をしたほうがよいと思いました。

ウェーダーに求める性能は釣り場や対象魚によって変わってきますので一概には言えませんが、高価なウェーダーを大切に長く使うか、または安価なウェーダーを頻繁に買い換えながら使うか、ご自身のスタイルに合せて選ぶと良いかもしれません。

ソールの選び方

ウェーダーのソールには主に「ラジアルソール」「フェルトソール」「フェルトスパイク」の3つの種類に分けられます。

ラジアルソール

ラジアルソール

長靴やシューズと同じでゴムまたはラバー素材となっていて、靴底が滑り難くいように凹凸加工となっています。

幅広く使われているソールでコンクリートや土など乾いた場所に向いていて、濡れた場所では滑りやすいので、そのような場所での使用はフェルトかフェルトスパイクがおすすめです。

フェルトソール

フェルト

フェルトは繊維を束ねて平らにしたもので、濡れた場所で地面と食い込みが良く滑りにくいのが特徴です。例えば湖や河川でウェーディングをするときなどに浅瀬を歩いたり、コケが生えた岸際や磯を歩いたりする場合に向いています。

ですが、ラジアルソールのような凹凸がないので、靴底が平らになっているフェルトは土や草や落葉の上または平面的な場所では目詰まりして滑りやすいので注意が必要です。

フェルトスパイクソール

フェルトスパイク

フェルトの中にスパイクピンを埋め混んだもので、ラジアルソールとフェルトソールの両方の利点を備え持つ便利なソールです。

基本はフェルトソールと同じと思って良いのですが、ピンがあることでフェルトソールでも滑りやすい場所まで対応できます。

場所によってはピンがあることでフェルトが地面に接触せず、グリップ力が足りず滑ることもあるので過信は禁物、フェルトスパイクのウェーダーは少し重いのと値段が高くなる傾向があります。

迷ったらラジアルソールがおすすめ!

フローターで使うウェーダーで、フェルトソールとラジアルソールで迷ったら、どちらかと言えばラジアルソールをおすすめします。

人工池やダムは草や土の場所が多く、護岸はコンクリート・階段・スロープで整備されているところが大半です。

堰堤

滑るとしたらエントリーポイントへフローターを持ち運ぶ時と乗り降りする時で、草や土の場所からコンクリート護岸を行き来するようなシーンでは、乾いた場所でのグリップ力があるラジアルソールの方が向いているようでした。

僕自身4年間ウェーダーを履いて、フェルトソール2回、ラジアルソール2回と年1回のペースで買い替えながら使ってきましたが、圧倒的にラジアルソールが良かったです。

また、ブーツのかかとの部分に突起があるウェーダーだと、フィンのベルトが引っかかりフィンが脱落するリスクが減るのとウェーダーを脱ぐ時も楽になります。

ウェーダーブーツ

この突起はあればよい程度で必須ではありませんので、ウェーダーを購入する際に突起があるか一応確認したほうが後々何かと役に立ちます。

まとめ

今年の冬はネオプレンウェーダーを導入しフェルトスパイクソールを試しに使っているところで、ラジアルソールほどグリップ力は無いにしてもフェルトソールよりも滑りにくく、ちょっとした場所なら全然問題ないと感じました。

フェルトソールは、やはり草土や落葉が多い場所や堰堤が整備されていない自然野池では、油断すると滑りそうになりエントリーに気を使ってしまいます。

ウェーダー

結論として、フローターならラジアルソールかフェルトスパイクソール、ウェーディングならフェルトソールかフェルトスパイクソール、どっちもするよっていう人で1つのウェーダーをオールラウンドに使う場合はフェルトスパイクソールがいいのでは思います。

ウェーダー選びはアングラーの釣りのスタイル次第となってきますので、ウェーダーの種類とソールの基本を理解して、ご自分に合った最適なウェーダーを探してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 1月13日 釣行 釣りには行ったものの最強寒波の後は…
  2. 夢屋から18バンタムMGL専用の浅溝スプール
  3. シマノ新製品「ポイズンアドレナ」2018年フルモデルチェンジ!
  4. シマノ新製品「ポイズングロリアス」「ポイズンアルティマ」2018年追加モデル
  5. シマノ新製品「バンタムロッド」2018年追加モデル
  6. 年末年始の高知遠征2018
  7. シマノ新製品「エクスプライド」「ゾディアス」2018年追加モデル
  8. 謹賀新年 2018年
  9. 12月24日 釣行 年内最後の岡山釣行でクリスマスフィッシュ!
  10. シマノ新製品「18アンタレスDC MD」

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu