シマノ新製品「18アルデバランMGL」

新製品

18アルデバランMGL

アルデバランにMGLスプールが搭載されるようです。アルデバランは2015年にモデルチェンジが行われ3年が経ち、2018年のモデルチェンジでは15アルデバランのブラッシュアップに近い内容となります。

MGLスプールはシマノの新型リールに続々と搭載されていて、その流れからか2018年はアルデバランにもMGLスプールが搭載されるようです。

MGLスプールはアルデバラン用に専用設計さてれいるようで、浅溝MGLスプールとなりラインキャパシティーが前モデルの10lb-100mから10lb-90mへ変更されています。

スクープ写真を見るにはMGLスプール以外のデザインはほぼ変更はなく、ドラグ近くのX-SHIPのロゴがHAGANEボディのロゴへと変更されていました。

18アルデバランMGL

アルデバランMGL 
出典:製品情報|シマノ

浅溝MGLスプール搭載

MGLスプールでは初の浅溝タイプとなり、FTBスプールとMGLスプールの中間的な位置づけで、各リールの明確な住み分けが可能となります。

ベイトフィネスでは、遠投するような使い方はあまりないのでFTBスプールの8lb-45mがベストですが、10lbを巻きたい時や小型プラグのロングキャストに対応する場合は8lb-45mでは少し足りない気がしていました。

例えば、ベイトフィネスでは少し重いルアーだけどメタニウムMGLでは軽すぎるルアーを投げたいとき、具体的にはジャッカルのディービルシャッド/ソウルシャッド62,68、バンタムのチャグウォーカー/パブロシャッドなど6~10g前後のルアーに、10lb-90mの浅溝MGLスプールならラインキャパに余裕を持って対応できます。

スペック表

スペックで前のモデルと違うのは糸巻量だけで、ギア比や自重やスプール径などは同じです。

品番 ギア比 最大ドラグ力(kg) 自重(g) スプール寸法(径mm幅/mm) 糸巻量(lb-m) 最大巻上長(cm) ハンドル長 ベアリング数 本体価格
30/31 6.5 4.5 135 32/22 8-100,10-90,12-65 65 42 9/1 45,300円
30HG/31HG 7.4 4.5 135 32/22 8-100,10-90,12-65 74 42 9/1 45,300円

・MGLスプール
・サイレントチューン
スーパーフリースプール
・SVSインフィニティ
・X-SHIP
・HAGANEボディ

発売日:2018年3月予定

15アルデバランにそのままMGLスプールが搭載されるのであれば、サイレントチューンとスーパーフリースプールは継続されているような気がしますが、現時点では不明ですので詳細が気になるところですね。

また左ハンドルも3月発売とのことで、シマノ特有の左ハンドルだけ遅れてリリースされていたものが、情報を見る限りこのリールに関しては右左同時期にリリースされるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です