夢屋から18バンタムMGL専用の浅溝スプール

新製品

バンタムMGLは150番のリールと言うことで標準で深溝スプールを搭載していますが、メタニウムMGLと同じラインキャパを備える、バンタムMGL専用の浅溝スプールが夢屋から発売されます。

スプールの自重はベアリング込みで13.9g、糸巻量は12lb-100、スプールの側面にはBtのロゴが印字されています。

ジャパンフィッシングショー2018が今週末に迫ってきてシマノの公式ホームページに新製品が続々とアップされましたね。

新型リールやロッドに欲しい新製品のページを読んでいるとワクワクしてきます!

そんな中、気になったのがシマノのカスタムパーツ夢屋から発売されるバンタムMGLの浅溝スプール、浅溝タイプも出ると雑誌か何かで見ましたが、その詳細が判明しました。

18バンタムMGL 浅溝スプール

夢屋18バンタム MGL 浅溝スプール
出典:製品情報|シマノ

品番 自重(g) 糸巻量(lb-m) ベアリング数 BB 本体価格(円)
浅溝スプール 12.4(ベアリング無)
13.9(ベアリング付)
12-100,14-90,16-80,20-65 1 未定

発売は2018年5月を予定しているそうです。

メタニウムMGLとバンタムMGLのスプールは確か互換性がない?(調査中)らしく、この浅溝スプールを使うことでバンタムMGLをメタニウム同等のリールとして扱うことができるようになります。

まあ、そういう場合はメタニウムMGLでいいじゃんってなりますが…、もはやベイトフィネス以外のリールは、剛性重視ならバンタムMGLでほぼ完結してしまいますね。

浅溝スプールは巻ける糸の量が少ないというデメリットがありますが、その分糸の重さが減るのでスプールが軽くなり、回転の立ち上がりが早く狙った所にキャストしやすいというメリットがあります。

フローターもおかっぱりもする自分としては12lb-100というスプールは大変ありがたい。他にもZPIやKTFからもバンタムMGL用のスプールが出るかもしれませんので今後の他社のスプールにも期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です