11月3日 釣行 一気に季節が進行した晩秋の45アップ!

釣行記

紅葉

11月になって一気に季節の進行が感じられ、肌寒くなってきましたね。
山の木々も徐々に紅葉が始まり、風で飛ばされた落ち葉が池にたくさん浮かんでいて、いよいよ晩秋となってきました。

この日は午前中から久々となる小規模野池で浮いてみると、小さいアタリは時々あるもののコバスかギルで、デカバスがシャローにいる様子はなくタフコンディション…

水温を計ってみると16度で、ここ数日で一気に落ちたようでした。

水温計

メタルバイブを投げたりフットボールを巻いてみたり何やっても釣れず場所を移動!

どこに行こうか迷い、数ヵ月ぶりとなる山間野池が気になったので1時間近くかけて行ってみました。

春の開拓で見つけたばかりの池なので秋のパターンが分からず、とりあえず普段の釣りで状況調査!

最初はメタルバイブで池の奥のシャローエリアや深い場所を巻いたけどアタリはなく、カバーにいるのかとフットボールジグで岸際を撃っていると…

ブラックバス

シェードの下に複雑に絡む木が沈んでいて、その中にスキッピングで送り込んで着水後すぐに食ってきました。

ブラックバス

フットボールジグはスーパーダイレクションジグ3/8にリズムウェーブ3.8の組み合わせ。

このジグは根がかりに強くカバーの中や複雑な場所にどんどん撃ち込んでいけるので、フットボールジグながらもラバージグのように扱えることから最近はこればかり使っています。

この池も水温17度とだいぶ低下していて結果1本しか釣れませんでしたが、タイミングよく釣れた魚でした。

それから最後の野池に移動!

先行者がいて車を停めることができず、ホームエリアを回ってみたらどこに行っても釣り人ばかり…

最終的に同じ池に戻ったら先行者はいなくなっていたので、何とか浮かぶことができた。

ブラックバス

ブラックバス

40アップはなかなか釣れなくなってきましたが、30cm前後を数釣り!

岸際ではフットボールジグで釣れたり、深い場所ではメタルで釣れたりと広範囲で釣れる状況でした。

山間部の野池では昼過ぎたら夕方のように暗く、気温も低いことで水温もだいぶ落ちてきていました。

タイミング次第でトップや巻物も全然有りですが、更に季節が進むともっと厳しくなると思うので、状況を見ながら釣り方を合わせていく必要がありますね。

ナイロンウェーダーでは若干寒くなってきたので、そろそろネオプレーンにチェンジして、インナーも着込んで冬に備えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です