12月1・2日 釣行 冬のシャロー狙い!チャターでグッドサイズ!

釣行記

ブラックバス

スマイルカップと高知遠征が終わり、2週間ぶりとなる岡山釣行!
おかっぱりとフローターで野池を回ってみました。

2018年12月1日

この土日は寒さも和らいで日中は暑いくらいのぽかぽか日和!

まずは平野部の野池で午前中はおかっぱりをしてみることにしました。

水温は13度程度、足元にはたくさんのギルが見えていて、その周辺をメタルバイブで巻いていると早速反応が!

ブラックバス

サイズはちょっと小ぶり…

それからしばらく粘ってみるも反応が無く、フローターを準備しておかっぱりからは届かない対岸へ!

シャローを中心にフットボールジグで1周回るも釣れずコバスやギルのアタリばかり、やはり深い場所かと狙いを変えてメタルバイブを巻いていたら…

ブラックバス

ブラックバス

おかっぱりで釣れたバスより少しサイズアップ!

普段はフローターなら割と簡単に釣れる池だけどこの日は苦戦してこの1本だけでした。

せっかくフローター出したのでもう1箇所浮こうと、小規模野池に移動!

おかっぱりの先行者がいたので邪魔にならないように反対側から静かにエントリー、午後になると日は傾き山間部の野池は暗くなるのが早い…

水温計

水温を計ってみると12度、落ち葉がたくさん水面に浮いて風で岸際に集まっていい感じのシェードができているのが気になり、ハイシーズンのように岸際狙いでチャターで巻いてみたらまさかの…

ブラックバス

50cmにちょっと届かずでしたが、この時期のしては貴重な1本でした!

ウエイトもまずまず!

デジタルスケール

体力のあるデカバスはシャローに居残りして餌待ちしていたようで、直感でシャロー狙いに切り替えたことが大当たりでした。

その後もう1本45cmくらいがチャターにチェイスしてきて食うのが見えたけどすっぽ抜け、チャターを目で追っていたらバイトシーンが見えたことで早合わせしてしまった…

冬になると深い場所ばかりに時間を使いすぎてシャローはやらないか簡単に終わらす程度でしたので、今の状況が続くならまだまだシャロー狙いに徹したほうが良いと実感しました。

2018年12月2日

日曜日は前日と同じ平野部の野池でおかっぱり!

土日連続で同じ野池に行くことはあまりないけど、今はここが一番可能性があるのでもう一度やってみることにしました。

いつものようにメタルバイブを投げながら堰堤を行ったり来たり…

ヒシモの残骸が多く沈んでいる場所を発見し、絡んでメタルがうまく泳がなくなるので、ロッドを縦気味に早めに巻いていてみたらバイト!

ブラックバス

ブラックバス

メタルバイブは完全に底べったり付かせてゴリゴリ巻くより、ロッドに角度を付けて底から少し浮かせて巻いたほうがより釣れる気がします。恐らく底の方が水温が低くバスは少し浮いているのだろう。

それから午後は移動して別の野池でフローター!

前日にチャターで釣れたことからシャローの可能性を信じてフットボールジグを投げていたら、着水後すぐに大きな波紋が広がりバイトがあったけど乗らず…、それっきり反応がなくなりメタルバイブでコバスがポロポロ釣れた程度でした。

この週末は暖かかったことから午後~夕方のタイミングで、数少ないながらデカバスがシャローに上がってきていて、フローターで一番いいサイズは釣れたもののバラシが多かった…

来週から寒くなるみたいなので厳しくなるだろうけど、ディープばかり狙わずに今期は冬のシャローも色々試してみようかな?

ターンオーバーもしておらず暖かかったのが良かったのか、この時期としては良く釣れた週末でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です