青シャウラ超えたスコーピオンはコスパ最強ロッドだった!

新製品

19スコーピオン

新製品の情報が解禁となりリールの他にロッドも多数発表されました。
その中でも「スコーピオン」のロッドが新しく登場しますので簡単にご紹介したいと思います。

スコーピオンは20年以上前から続くシマノのバス釣り製品のブランドで、当時はスコーピオンと言えばバサーの憧れのタックルでした。

現在でもスコーピオンの名は受け継がれていますが、エントリー向けのシリーズへと降格され、リーズナブルな価格ということから現在でも人気のあるシリーズです。

そのスコーピオンのロッドが、フリースタイルロッド(魚種・フィールド問わず)となって登場します!

ブランクスは青シャウラと同じ&携帯性も抜群!

ジムの解説によると新しく発表されたスコーピオンは、ワールドシャウラの姉妹品でブランクスは旧ワールドシャウラ(青シャウラ)と同じものを使用、リールシートは最新のNEWワールドシャウラと同じものが搭載されているそうです。

また、携帯性に便利なワン&ハーフ2ピースを採用し、5ピースのパックロッドもラインナップ、更に5ピースモデルにはエクステンションバットと互換性がある。

ジムがガッツリと関わっている製品ということで、ワールドシャウラと同じく今回のスコーピオンは魚種やフィールド問わないコンセプトとなり、運搬など携帯性も重視されていますね。

ロッドのカラーもスコーピオンの伝統を受け継いだ赤で統一されており、新製品のスコーピオンMGLと組み合わせればベストマッチ間違いなし!

ワン&ハーフとは?

ワン&ハーフとは2ピースにロッドを分離できる設計で、分割する場所が第1ガイドよりバッド側で分離できるようになっています。

ワン&ハーフ

特徴としては、バッドには高弾性のカーボン、ベリーは低弾性カーボンというように、カーボン素材をバッドとベリーで使い分けることで、2ピースでありながら1ピースと同等かそれ以上の強さ、更に1ピースと同等の感度や軽さを兼ね備えたロッドに仕上がる仕組みです。

携帯性は1ピースより便利ですが、今までの2ピース(センターカット2ピース)よりは不便で、変則的な2ピースロッドということです。

コストパフォーマンス最強!

19スコーピオン 1652R-2

出典:シマノ|スコーピオン[Scorpion]

スコーピオンはワールドシャウラのエントリーモデル的な位置付けで、価格も店頭では3万以内で買える価格になるかと思います。

スパイラルXとハイパワーXが採用され、青シャウラと同じブランクスに最新のリールシートとガイドが搭載されて3万以内で買えるということは、コストパフォーマンスが高く非常にお買い得ではないだろうか?

ラインナップはまだ少ないですが、バス釣りで中核となる1652Rを必ず構えてくる辺りがいいですね!

ただ、青シャウラのブランクスはスパイラルXコアが搭載されていないので、強度や感度的には赤シャウラより劣りますが、スパイラルXコアが使われていないにしても、スパイラルXとハイパワーXの両方が入ってこの価格は破格とも言えるロッドでしょう!

バスロッドのエントリーモデルはハイパワーXのみですが、スパイラルXも採用しているロッドではこのスコーピオンが一番安い製品となるかもしれません。

エントリーモデルで魚種問わずターゲットとしたロッドは少ないですので、そういったロッドをお探しの方にベストマッチなロッドかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です