フィッシングショー大阪2019に行ってきました!

イベント

フィッシングショー大阪2019

今年もフィッシングショー大阪に行ってきました!
新製品の展示やトークショー、体験・販売コーナー、屋台もあって、今年も多くの釣りファンや家族連れで大盛況でした!

フィッシングショー大阪に行くのは4回目となります。

今年は見たい新製品や出展社が少なく行くか行かないか迷っていましたが、別件で大阪に用事があったのと重なったのでフィッシングショーも見てきました。

今回は新幹線で朝一から大阪に向かい電車乗り継いでインテックス大阪に着いたのは9時過ぎ頃、会場はたくさんの人で賑わっていて、数年前から比べると少し少ないかなと感じました。

各ブースでトークショー開催!

トークショーのスケジュールまで時間があったので、まずはシマノとダイワの新製品を一通り見て回ります。

この2社は相変わらず凄い人だかり!

SHIMANO ブース

DAIWA ブース

シマノは19アンタレス、19ヴァンキッシュ、ロッドはスコーピオン、ダイワはスティーズCT SV TW、ブラックレーベルLGなど、注目の新製品目当てに絶え間なく人が訪れていました。

そうこうしているうちに時間が迫ってきたので順番にトークショーを聞いて回ります。

トークショーは1回約30分前後ですが、他のトークショーの時間とバッティングすることなく聞くことができました。

JACKALL トークショー

ジャッカルのステージでは新製品のルアーやロッドを主に紹介しています。今回のジャッカルブースは狭くすし詰め状態だった…

SHIMANO トークショー

シマノのバスコーナーやメインステージでは、ジムがスコーピオンのロッドとワールドシャウラについて熱く語っています。

GAN CRAFT トークショー

ガンクラフトのステージではジョイクロ15周年を記念して、様々なエピソードを面白おかしくみんなを笑わせていました。

SHIMANO トークショー

シマノのステージでは小野さんと秦さんがロッドの技術やテクノロジーについて語っていました。

主にカーボンモノコックとスパイラルXによる感度とパワーの話で、去年のポイズンアドレナが出た時の内容の繰り返しに近いかな…

Bantam ステッカー

バンタムでは若手の新メンバーの紹介が主で、最後のじゃんけん大会で限定のバンタムステッカーをもらった。

午後からはトークショーが連続であり何時間も立ってたことで脚がクタクタ…、でもここでしか聞けない話など聞けて楽しかった!

新製品など盛りだくさん!

たくさんの新製品を見ましたが、写真全部は載せ切れませんので一部だけ紹介します。

19ヴァンキッシュ

大注目も19バンキッシュ、色々な番手を触ってみたけど恐ろしいほど軽かった…

19アンタレス

そして19アンタレス、みんな触って指紋べたべたで輝きが…、巻き心地はカルコン並みに最高!

19アンタレス

MGLスプールⅢを回して体験してみると、旧MGLとの違いが良く分かりました。

スコーピオン

スコーピオンのロッドは赤と青のアクセントが美しく思った以上にかっこいいデザインのロッドで、これが3万以内で変えるとは驚き!個人的にもう少し番手が欲しい…

ルアーやワーム類もたくさん展示されていました。

スピンヴィドー

FLASH UNION

ルアーなどは軽く見ただけであまり写真は撮らずの終わりました…

その中でも一番気になったのはダウズヴィドーの小型版スピンヴィドーが展示されていて、発売されればこれはかなり使えるルアーになりそうです。

ゴムボートフローター関連ではゼファーボートが無くなってしまったのには残念ですが、ジョイクラフトやアキレスの出展はあり、様々なボートやフローターを展示してありました。

最後に

行くか行かないか迷った今年のフィッシングショーでしたけど行って大正解でした!

今回はあまり混雑することなくトークショーや新製品を見れたと思います。

出展社が少なかった?または今回行ったのが土曜日だったからか…?

前はブースに辿り着くのも困難なくらい午前中は通路もブースも人で溢れていたことがあったので、新製品は午後にならないと触れなかった時から比べると、余裕をもって行動できた気がしました。

フィッシングショーでは、ここだけの秘話をトークショーで聞けたり、製品の疑問はメーカーの人に直接質問できるので色々聞いたら丁寧に教えてくれます。

ロッドも実際に曲げさせてもらったり、釣具屋では普段置いてない製品も見て触れることができるので本当楽しいイベントでした。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です