ゼファーボート「ZF-123C-T」フローター購入!開封レビュー!

インプレッション

ZF-123C-T

野池巡りに最適なフローター、ゼファーボート「ZF-123C-T」を購入しました!
小型軽量のC型デザインでゼファーボートでは最小モデルです。
今回購入した理由と開封レビューをしておきたいと思います。

野池巡りにはフローターは軽い方が断然いい

今使っているフローターは、同じゼファーボート社のZF-145H-Nというモデルを2013年頃に購入し、かれこれ6年近く使っています。現在も現役で穴一つ空いておらず大変気に入っているのですが、唯一の欠点は装備を充実させると持ち運びが重い…

池のすぐ近くに車を停められる場所なら全然いいんだけど、最近は行く野池の数もかなり増え、駐車スペースから池までフローター担いで100m以上運ばなくてはならない場所もたくさんあるので、そういった場所をZF-145H-Nで装備を担いで往復するのは一苦労でした。

フローター

ZF-145H-Nが重いと言うより、フローターテーブルとタックルなど装備の重量もあって、フローター本体だけならだいぶ軽いです。

それに駐車スペースが遠い池の方が人的プレッシャーが少ないからか釣れる率が高い(笑)

なるべく軽量化しようと、オールを外しバッグは片方だけでタックルを少なくしたりしていましたがそれでも限界があり、いっそのこと軽いフローターをもう1台買って、フローター2台体制にすることとしました!

ZF-123C-Tを選んだ理由

軽いフローターはたくさんありますが、ちゃんとしたメーカーとしたらジョイクラフトやアキレスが有名です。怪しいメーカーの安いフローターはもしもの事があっても怖いのでなるべく避けたいところ…

また、フローター本体を乗り換えるとなると装備品まで入れ替えとなり、色々迷った末にゼファーボートのZF-123C-Tに行き着きました。

ZF-123C-Tの重さは6kgで、現在使用しているZF-145H-Nの10kgから比べると4kg軽い!4kgと言えば2Lペットボトル約2本分の重さで、この違いは釣り場で持ち運ぶ際にかなり差が出ると思います。

ちなみに他に検討していたジョイクラフトやアキレスのフローターは4~5kg、ZF-123C-Tのほうが重いですが6kgなら持ち運ぶにも苦にならないはず。更にZF-123C-Tは熱溶接(タフボディ)で耐久性があるのも決め手でした。

しかし、ゼファーボートが廃業(バイソンウェーブが販売継続)してしまい、現在はオークションやメルカリなどで中古か新品未使用しか買えず保証も効きません。それを承知でZF-123C-Tを探していたとき、たまたま新品未使用が安く売られていたので即購入!

今まで使っていたZF-145H-Nは6年も過酷な状況で使って今も現役で使えているんで、ZF-123C-Tも新品を買っといたら、物は良いですので少なからず長く使えるでしょう。

前置きが長くなってしまいましたが、ここから開封レビューをしておきたいと思います!

ZF-123C-T開封レビュー

140サイズの箱に入って送られてきました。カラーはオリーブグリーン、本当は迷彩が欲しかったけどこれしかなく、安かったから文句は言えません…

ZF-123C-T

輸入品なので箱は所々凹んでいましたが、中はきれいでしっかり梱包されていました。

ZF-123C-T

付属品は、フローター本体、エアフロア、ピロー、フロントバー

付属品

収納バッグ、サイドバッグ×2、メッシュテーブル、空気入れ、補修キット、説明書

付属品

収納バッグはリュック式になっていて、全部詰め込んで背負って運ぶことができる優れもの!
これで山頂野池への突入も可能に!?

収納バッグ

エア漏れが無いかチェックするため部屋で膨らませてみます。

ZF-123C-T

音がしないかなど目視でも細かく確認してみましたが得に問題ないようです。

ZF-123C-T

背もたれとなるピローも膨らませてベルトで取り付けます。

ZF-123C-T

ZF-123C-T

次にエアフロアを膨らませて入れようとしたら取っ手が邪魔ではまらず、空気を抜いてフローター本体にはめ込んでから膨らませると上手くいきました。

ZF-123C-T

エアフロアの高さは7cmしかなく、浮かんだらほぼ水面と同じ高さになります。

今まで使っていたZF-145H-Nはハイポジションで14cmも座面が高いので、この違いが釣りにどう影響するのか…

ZF-123C-T

フロントバーは取り付けや取り外しが若干硬いですが、暖かい季節で生地が柔らかくなるとまた違うかもしれません。

ZF-123C-T

ここにフローターテーブルを取り付ける予定で、テーブルの自作を現在模索中です。

背面には取っ手が付いていますので持ち運びに便利ですね。

ZF-123C-T

完成しました!

ZF-123C-T

最後に

片手で楽々持てるほどではないですが、今まで使っていたZF-145H-Nと持ち比べてみると重さは歴然でした!

小規模野池ではオールは必要ないしコンパクトで小回りが利いたほうがいいので、これならエントリーが遠い場所でも軽々運べそうです。

ただハイポジションではないので目線が低くなるのとキールも付いてなく安定性はどうなのか…、ここら辺は慣れたら問題ないと思いますが、実際に浮かんでからまたレビューします。

ZF-123C-Tに乗り始めるとZF-145H-Nは出番がなくなっちゃうかもしれませんが、ZF-145H-Nはダムなど規模が大きい場所や遠征などでも使えるので、2艇のフローターを釣り場に合わせて適材適所に使おうと思います。

あとフローターテーブルの自作と取り付けが課題で、ハイシーズンに快適に釣りをする為に、それまでテーブルは試行錯誤していこうかと思います。

コメント一覧

  • サボリーマン より:

    随分とご無沙汰しております。
    仕事が忙し過ぎて、岡山どころか釣りにも行けない2018年度でした笑
    久し振りにwebを拝見してます。
    フローターの釣行前の利便性ですが
    私はCaddissportのインナータイプを重宝してます。
    バルブの耐久性に難がある以外は重量4kgで凄く快適ですよ。
    釣行後は一体式とは比較にならない面倒くささが有りますがね。

    • 管理人 より:

      >サボリーマンさん
      ご無沙汰しております!
      お忙しい中拝見いただきありがとうございます。
      Caddis Sports のフローターですか!
      インナータイプとなると重量はかなり軽いですが、手入れや片付けが不便だったりしますね…
      空気を入れるタイプのフローターはいずれ買い替えの時がくるので、その時に自分のスタイルに合ったフローターを選びたいですね!

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です