シマノ新製品「19ストラディック」コスパ最強スピニングリールがモデルチェンジ!

新製品

19ストラディック

シマノのコスパ最強スピニングリール「ストラディック」がモデルチェンジします。

フィッシングショーも終わり新製品もひと段落したと思いきや、2019年中盤となったタイミングで「19ストラディック」が突然発表されていましたのでその詳細をお伝えします。

今回モデルチェンジされたのはストラディックCI4+ではなく15ストラディックの方です。

スペックを見てまず特徴とされるのは、19ヴァンキッシュや18ステラの上位機種に搭載されているマイクロモジュールギアⅡサイレントドライブが19ストラディックにも搭載されていること。

更にロングストロークスプールも搭載されていますので、ベアリング数や自重以外はフラッグシップのスピニングリールに迫る性能となっています。

19ストラディック

19ストラディック
出典:製品情報|シマノ

価格も15ストラディックとほとんど変わらず、19ストラディックの2500Sなら店頭価格は2万前後になると予想。

最新技術をこの価格で買えるということは、かなりお得感があるのではないだろうか?

欠点を告げるとしたら、マグナムライトローターやCI4+が19ストラディックには使われていませんので、その分自重が重くなり2500Sで220g、15ストラディックは2500Sが230gですので僅か10g軽くなっている程度です。

最近はリールの軽量化が進んでおりリールは軽いことに越したことはないのですが、価格の安さを考えると数十グラム程度の違いなら自重は妥協できてしまうレベルですね。

スペック表

19ストラディック(スペック)

19ストラディック(比較)

※2019年7月発売予定(1000S、C2000S、C2000SHG、2500S、2500SHG、C3000、C3000HG、C3000XG)

※2019年8月発売予定(3000MHG、4000、4000MHG、4000XG、C5000XG)

19ストラディックがこのスペックときたならば、2020年に発売が予想されている20ツインパワーや20ストラディックCI4+はもっと進化して出してくるかもしれません。

もし待てるならば、時期ストラディックCI4+を待ったほうがいいかもしれませんが、MGLやCI4+を使うと値段が高くなりますので、安くて高性能なリールを探していたならば19ストラディックは間違いなく買いではないかと思います。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です