6月8・9日 釣行 ウナテキが炸裂!苦戦からの起死回生!

釣行記

ブラックバス

先週末はウナテキ(ボウワーム8インチ高浮力のライトテキサスリグ)がハマって、複数のグッドサイズを仕留めることができました!

最近はなかなか釣れず苦戦した日が続いていましたが、今回は久々にサイズも数も出て納得できる釣果となりました。

2019年6月8日

朝一は久々の小規模野池へ!

2日前にまとまった雨が降ってインレットパターンを期待して訪れてみました。

到着してすぐにおかっぱりが来られたので断りを入れて浮かせてもらうことに。少し濁りが入っていたけど、それでもまだ濁りは薄く偏光越しに底が薄っすら見える。

期待しながらフローターで軽く1周回ってまさかのノーバイト…、冬のエグダマ事件を引きずってるのか、去年よりも魚影が少なくスレているバスが多くてなかなか釣れない。

また、底に水草がたくさん生えているのでバスは岸に付かず水草に隠れている可能性もあるけど、水草が無くなる頃には釣りやすくはなるかな…

1周終えたところで近くの小規模野池に移動!

次の池では去年の今頃にウナテキで連発したのを思い出し、久々に投げてみると…

ブラックバス

40後半をキャッチ!

その後も釣り進み堰堤近くの木が倒れている際に投げたら落ちパクバイト!

数秒やり取りして木化けしてしまい、近付いて回収したらワームを真っ二つに食い千切られていた…

ウナテキ

その後は池を2周するも反応が無く更に場所を移動!

ウナテキと相性がいい池といえば心当たりがある池があって、昼休憩を挟みながら1時間近くかけて大移動、スマイルカップのときにも毎回浮いて数々の実績を残してくれた池でもあるので期待は大きい。

エントリーしてすぐに水面をニョロニョロと泳ぐヘビを横目に釣り開始!

野池

ウナテキを投げながら上流に向けて釣り進み、中流域の沈み木のストラクチャーがある場所でバイト!

ブラックバス

ブラックバス

痩せ気味であまり引かなかったけどまずまずのサイズ!

それからすぐ近くのオーバーハングの下に投げて、コバスみたいな当たりを合わせてみたらずっしりと重い手応え…

やり取りの末に上がってきたのはライギョのような黒々とした背中のバス!

ブラックバス

ブラックバス

重さを計ると2250g、今年の3月に釣ったバスと同じ固体の可能性が高いけど久々の50アップでした!

それから上流ではギルかコバスのアタリのみ…、上流はターンオーバーして水が茶色く濁り良くない感じだったので、戻りながら対岸攻めてみることに。

ターンオーバー

中流まで下ったところでバスらしき当たりがあったけど乗らずワームに歯形が残っていた。

この時期にこれだけターンするのは珍しく、ターンは秋にするものと思っていたけど、気温差が激しい日が続くといつでもターンする可能性があるようだ。

この池は元々ターンしやすい池でもあるので、バスは悪い水を嫌って上流のシャローまでは行かず、中流で餌待ちしていたのを今回運よく釣ることができたようでした。

2019年6月9日

日曜日はエリアを変えて朝一から秘境野池へ!

しかし到着したら先行者がいて車を止めることができず、ボートらしきものを準備していたので断念…

秘境は諦めて次に予定していた竹やぶ野池に移動!

最近どこも釣れないのにこの池だけは絶好調なので、今回はウナテキを試すため浮かんでみることにしました。

上半分は反応がなく中間のオーバーハングに投げて底をズルズルしていると…

ブラックバス

ブラックバス

ついにこの池の50アップを確保、しかし先週ブルフラットでバラシたサイズには及ばなかった。

中間は竹の切れ目があり奥までルアーを投げ込むことができ、毎回この周辺で釣れることが多い一級ポイント。

野池

それから堰堤の近くの竹やぶにウナテキを滑り込ませると…

ブラックバス

また50cmジャストの腹白いバス!

ブルフラットでは何回かバラシたけど、ウナテキのストレートワーム&ストレートフックの組み合わせは複雑な場所の根がかりに強くフッキング率も高いので、この池にとても合っていました。

その後は反応はなくなり上陸して、午後から野池開拓に赤磐市方面まで大移動!

前から気になっていた3箇所の池を見て回り、そのうち2箇所に浮いてみました。

1箇所目は結構減水していて大きなオタマがうじゃうじゃと…

野池

大きなオタマがいる池はバスが入っている可能性は低いのと、見えバスや釣り人の残骸もなかったことから、ハズレの可能性が高い…

次の池に移動、ここも少し減水気味で小規模な池。

野池

堰堤を観察していると30cmくらいのバスが泳いでいるのを発見しフローターで浮いてみました。

チャターでコバスを2本釣り、チェイスしてきたりテールをくわえてきたりと、山間らしくコバス池だった…

ブラックバス

でもフライも確認できたのできっとデカバスもいるのだろう。

更に移動して近くの少し大きめの池、崖崩れによるストラクチャーがあって雰囲気は抜群!

野池

フローターで浮いても全く反応がなく、小魚がいただけでバスの存在は確認できなかった。

枝に釣り糸やワームが引っかかっていたけど、山奥過ぎて滅多に人は来なさそうな場所はバスはいない場合が多いからなぁ…

今回は時間の都合で3箇所しか開拓できなかったので、近々丸一日かけて開拓する日を設けた方が良さそう。道も分からない池を一つ一つ回るのは大変だけど開拓を続けているといつか凄い池を見つけることができるはず!笑

最近は釣りにくい日が続いてついつい開拓に走ってしまいましたが、ウナテキのおかげでスランプから抜け出せた週末でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です