秋の高知遠征2019

遠征記

中筋川

先週末は3連休を利用して高知に遠征してきました!
11月初旬の遠征は初めてでしたが、最近は暖かかったこともあり、まずまず釣れた遠征となりました。

9月中旬の遠征の予定が台風で中止となり、11月初旬に変更となった今回の遠征!

この時期に遠征するのは初めてでしたので場所も釣り方も探り探りになるかと思いましたが、実際に高知に到着すると気温は高く秋と言うよりまだ晩夏っぽい感じ…

しかし季節は秋ということで、秋に強い河川を中心に夏の釣りを展開していきました。

2019年11月2日(大規模河川)

初日に訪れたのは地元の大規模河川!

下流に行く予定が先行者のボートが先に下流に行かれたため、仕方なく上流に向かうことにしました。

上流ではファットウィップ5インチで30cm後半を2本釣り、レベルシャッドスプリンターMRでコバスやギルがポロポロ釣れる…

上流を見切って下流に向かって進み、キングテールに変えてやっと40アップ!

ブラックバス

夕マズメの時間帯は巻きで出るかもと思い、ダウズビドーを巻いてみたらこの日一番のサイズ!

ブラックバス

その後すぐにダウズビドーで40cmくらいを追加して一瞬の地合を迎えました。

この川のバスは日が高いうちは石に隠れていることが多いけど暗くなれば出てくるので、時間の許す限り地合まで粘ることも大切と改めて実感しました。

2019年11月3日(小規模河川)

2日目は少し遠出してシークレット河川へ!

遠征では毎度驚異的な釣果が出る楽園と言ってもいい川ですが、この時期でも釣れるのかと訪れてみました。

おかっぱりで様子を見ていると3〜4匹のスクールが現れ、フラッシュJを投げると一撃で食った!

ブラックバス

ブラックバス

いきなり50アップ!

夏と比べれば回遊してくるバスは少なかったけど、この時期でもバックウォーターにフィーディングしてきているようで、見えバスの前に投げたら簡単に口を使ってくれました。

その後は見えバスはどこか行ってしまったので、ボートを準備しておかっぱりでは届かないエリアを探ることに。

ゴムボート

下流で一緒に同船していた相方がヘッドスライドで50cmを釣り、自分もチャターやファットウィップ5インチで40〜45cmを釣り、夏のようなパターンで良く釣れる!

ブラックバス

ボートで釣りしている最中も見えバスを多数確認できたものの、水がきれいだったからかバスに気付かれてしまい、後半はスレて厳しい展開となりました。

夏は濁りや水量もあって釣りやすかったけど、この時期になるとクリア化してバスの警戒心が強く感じられましたが、ボートポジションを遠く取りロングアプローチで狙ったことが良かったようでした。

2019年11月4日(小規模河川)

3日目は久々となる地元の中筋川でボート釣行!

中筋川はここ最近ボートは出してなかったのですが、過去の経験から秋冬にかけて実績が多く低水温時期の方が釣れる傾向なので、秋になるとシャッドパターンが効くのではと思いやってみました。

ゴムボート

今回ここで使うために持ってきたのがレベルシャッドスプリンターMR、SRはレンジが浅く中筋川ではMRの方が向いているため発売を待ち望んでいたルアーです。

レベルシャッドスプリンターMR

まずは上流に向けて進んでい行ったけど全く釣れない…

中筋川

今日は苦戦しそうだと思いながら下流に下り、テトラ周りを巻いていたらやっとファーストフィッシュ!

ブラックバス

サイズは30後半でしたが、レベルシャッドスプリンターMRで初めて釣れました。

その後も下流に向けて進んでいくとキビレやエバの外道ばかり…、外道が多い日はバスはあまり良くないと言うけど果たして…

最下流まで下ったところで徐に岸際を流していると2本続けてキャッチ!

ブラックバス

ブラックバス

何の変化もない岸際で釣れて少し拍子抜けでしたが、レベルシャッドスプリンターMRを投げ続けた甲斐がありました。

日陰よりも日当たりが良い岸やテトラに付いていることが多く、最初は厳しいかと思いきやそれほど悪い状況ではなく、引き潮の時間帯も重なってタイミングで釣れたような感じだったと思います。

この日はほとんどレベルシャッドスプリンターMRしか使わなかったので、他の釣り方だったらまた違った結果になっていたかもしれませんが、久々の中筋川を楽しめました!

2019年11月5日(ホームリザーバー)

最終日は遠征で必ず訪れているホームリザーバー!

到着すると平日とあって先行者はなく朝一は貸切状態でした。

元々水質がクリアなダムですがこの日は少し濁っていて若干ターンオーバーしている様子…

立ち木

まずはスロープを出てすぐの立ち木エリアを、ファットウィップ5インチのライト直リグで探っていると…

ブラックバス

ブラックバス

サイズは小さかったけど開始早々にアベレージサイズ!

それから上流でリバウンドスティックで同じくらいのサイズを所々で釣り、バスのレンジは深く冬が近いと思える状況でした。

帰りに時間ができたので中筋川にちょっとだけ寄り道!

中筋川

ダウンショットでテトラ周りを探り、短時間ながら1本キャッチできました。

ブラックバス

秋は魚が散ると良く言われますが、その言葉の通り場所もルアーも色々なパターンで釣れた遠征になったと思います。

岡山では既にメタルバイブが絶賛活躍中ですが、高知は暖かくまだ夏パターンを引きずっているようで、冬の釣りはまだ早いと思える状況でした。

次回の遠征は12月下旬から年末年始を予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です