ハヤブサ社「ジョインテッドシューティングボール」開発中!

新製品

ジョインテッドシューティングボール

フックメーカーでおなじみのハヤブサ社がジョイント式のフットボールジグを開発しているようです。

ジョイント式フットボールジグは近年一般化されてきた新リグの一つですが、ヘッドは同社のシューティングボールを流用し、フックが自在に動く仕組みになっています。

シューティングボールのジョイント式ヘッド!

イヨケンさんがテストで使用されており、ヘッドの形状や塗装の剥がれ具合から見てもシューティングボールのジョイント式というのが分かります。

View this post on Instagram

今日は新作デカロッター(プロト)のテストフィッシングに奈良県は津風呂湖に行ってきました👍 @10tenfeetunder_kiob 最近、来てなかったから楽しみで楽しみで。 暖かいわりにバスは結構ディープにいて、現在テスト中のハヤブサ社はジョインテッドシューティングボール1/2ozにデカロッターとダブルプロトコンビでキレイな津風呂フィッシュ❣️ @sns_hayabusa デカロッターは押しが強い、いい感じの仕上がり♬ お楽しみにぃ〜♬ @10ftu_kiob_smpfishing @se9rets @ken_iyobe @obick_55 @autogarage_omy @shimanofishing_jp @sunline_japan @gary_international_kk @talex_fishing @ringstar_1889 #iyoken #kiob #イヨケン #津風呂湖 #パドロッターよりデカイ #デカロッター #サンプル #10ftuチャンネル #10ftu

A post shared by Ken Iyobe (@ken_iyobe) on

インスタの写真ではヘッドとフックの連結部分が縦アイになっていますので、フックが交換できないかもしれませんが、どんな仕組みになっているのか気になるところですね!

ザップのバウヘッドやリューギのフットボールヘッドのようにフックを自在に交換できれば、使用するワームに合わせてフックも選べるのでメリットが多いかと思います。

もしフックがセットで交換できないタイプだったとしても、スプリットリングを活用すれば色々な組み合わせを作ることができますね。

まとめ

発売は2020年の春〜夏を予定しているそうです。

テストでは1/2ozを使用されていますので1/2ozは必ず出るとして、他に使用頻度の高い3/8ozや1/4ozはラインナップを揃えてきそうです。

ジョイント式のフットボールジグは各社から色々出ていますが、一番有名なのはリューギのフットボールヘッドだと思います。

一時はなかなか入手できないほど人気商品でしたけど、実際に使った感じとしてはボトム感知力が高くカバーにも強く、ジグというよりもテキサス的な使用感で、使って損はないリグの一つでした。

来年はハヤブサ社からもジョイント式のフットボールジグが出るとのことで、選択筋が増えるのは嬉しいことですね。

詳細はまだ全く分かっていませんが、詳しいことが分かり次第追記したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です