19ヴァンキッシュ 250SHG

シマノ「19ヴァンキッシュ2500SHG」インプレ評価!半年使ったのでレビューします。

19ヴァンキッシュをバス釣り用に購入し半年使い込んだので、感想を書いていきたいと思います。

シマノのスピニングリールは当方初めて所有したのであまり参考にならないかもしれませんが、凄く良いリールということは間違いなく、遅ばせながらも記事にすることにしました。

20ツインパワーが発売されたばかりではありますけど、今回は19ヴァンキッシュについてインプレします。

結論:軽さだけは右に出る者はいない

19ヴァンキッシュ 250SHG

とりあえず半年使い込んだ印象は、“とにかく軽くパワーもある” これに尽きます。

今回購入したのはバス釣りやエギングで人気の2500SHGの番手ですけど、165gという1000番並の軽さでずっと使ってても負担が少ないです。

使い始めたときは軽すぎて不安を感じさせるほどでしたけど段々とその感覚は薄れ、軽さに加えて剛性感やパワーもあることが分かってきました。

また、巻き心地やレスポンスの良さも性能が全てにおいて高次元です。

フィネスの釣りで19ヴァンキッシュの軽さとレスポンスの良さは感度にも繋がり、かなりメリットが大きいですね。

ただ軽いから良いというものではないと思うけど、このリールに慣れたら他のリールは使えなくなるほどです。

スピニングリールの使用頻度が少ない自分の用途ではオーバースペックながらも、買ってよかったと感じさせられました。

19ヴァンキッシュ インプレ・レビュー!

ここからは各部を細かく述べていきます。

デザインや外観

19ヴァンキッシュ 250SHG

まずデザインはスタイリッシュで落ち着いた黒、先進的なデザインでかっこいいですね!

Ci4+製のハンドルは大理石のような模様で、今までのリールには無い変わったデザインをしていますが、ハンドルだけでも驚くほど軽いです。

遠くから見ると若干安っぽく見えますけど、実際は細部まで洗練されて高級感があります。

色が黒だからかステラほどの所有感はないかもしれませんけど、たぶん黒じゃなかったら買ってなかったと思います笑

巻き心地や操作性

19ヴァンキッシュ 250SHG

巻き心地はマイクロモジュールギアⅡとサイレントドライブの恩恵により、しっとりヌメヌメした巻き心地です。

半年使った現在でも巻き心地は変わることなく違和感すらありません。

ステラやツインパワーなどコアソリッドシリーズの重圧な巻き心地から比べると、やはりクイックレスポンスシリーズの19ヴァンキッシュはかなり軽快に感じます。

僕はスピニングリールでは虫系かスモラバくらいしか投げないので、19ヴァンキッシュの操作性は使い勝手が良いと思いました。

キャストフィール

19ヴァンキッシュ 250SHG

ロングストロークスプールは初めて使ったので何とも言えませんが、キャストフィールや飛距離は普通です。

ロングストロークスプールは飛ぶと評判が良いですけど、そこまで恩恵は感じられませんでした…

恐らくそこそこ重いルアーを遠投すると、このスプールの本来の性能を体感できるのではないかと。

しかし近距離の使用でも糸出が良く感じられましたので、ロングストロークスプール化されたメリットは大きいです。

剛性感・ドラグ性能

19ヴァンキッシュ 250SHG

最初は軽すぎて頼りないように感じましたけど、実際に魚をかけてみたら想像以上に剛性が高くパワーがありました。

しかも、ドラグは設定を細かく調整できるし、スムーズで滑らかなドラグのおかげで大物がきても安心です。

ドラグ音は高めのキンキンとした金属音、この音を聴きながら魚とやり取りするのが最高です!

買って良かった点・悪かった点

良かった点

  • ラインの巻き込み防止(ネズミ返し)が付いる
  • デザインがかっこいい
  • 全てのおいて高次元な性能

19ヴァンキッシュ 250SHG

19ヴァンキッシュにはスプールの内側にラインの巻き込みを防止するネズミ返しが付います。

今まで上位機種のステラに付いていたものでしたが、買って初めて19ヴァンキッシュにも付いているのを知りました…

これはあるのと無いのでは断然あった方が良く、地味に嬉しい機能ですね。

他には最初のインプレでも書いた通り、デザインと性能の良さも買って良かった理由と言えます。

悪かった点

  • 軽量ロッド以外は持ち重りしそう
  • ベールの返しがチープ
  • 価格が高い

19ヴァンキッシュ 250SHG

悪かった点はリールが軽すぎて使うロッドによっては持ち重りを感じたり、バランスが崩れるかもしれません。

またベールを返した感覚が鈍く、音もカッチリ感がなくベールが弱そうに感じました…

あとは価格が高くコスパは良くないですけど、この性能なら納得できる価格だと思います。

来年か再来年かストラディックCI4+がモデルチェンジされる可能性があり、19ヴァンキッシュに近いスペックで出してきそうですので、そうなったときに19ヴァンキッシュの立ち位置が危ぶまれるかもしれませんね。

若干話が外れましたが、欠点はほぼなく価格が高くても買って良かったと思えたリールでした。

総合評価・まとめ

19ヴァンキッシュ 250SHG

デザイン ★★★★★
巻き心地 ★★★★★
剛性感 ★★★★☆
価格・コスパ ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆

リール本体は凄く良くできているのにベールだけがチープ…

軽いから仕方ないかもしれませんけど、ベールのチープさで剛性感が若干損なわれている気がしました…

それ以外は本当に良いリールですのでおすすめできます。

個人的に19ヴァンキッシュはフィネスで繊細な釣り向けなリールで、軽さとレスポンスを活かして小型番手の方が活かせる場面が多いのではと思いました。

2019年の夏にはこのリールが大活躍して45アップをキャッチできました!

View this post on Instagram

先週の遠征の一コマ、一投目で45up🐟 釣れ過ぎて長靴履き忘れるほどだった… #バス釣り動画 #おかっぱり #シマノ #SHIMANO #ジャッカル #JACKALL #ポイズングロリアス #ヴァンキッシュ2500hgs #フィッシュアローフラッシュj #ウィールヘッド

A post shared by NESS(ネス) (@ness_fishing) on

今シーズンも大活躍してくれそうですので、これからも使い込みたいと思います!

購入を検討されている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

コメントを閉じる0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です